Enya / A Day Without Rainの紹介と感想(超超おススメアルバム)

このアルバム

本作も、エンヤが作曲と歌を担当し、長年の盟友であるプロデューサーのニッキー・ライアンと詩人のローマ・ライアンと共に練り上げ磨き上げられた。前作から5年ぶりとなる。(通算5枚目)

前作の印象を新鮮味がなく、飽きが来てしまい、かつ、内省的なイメージの曲が多いと書いた。本作は陰陽が分かれてバランスが良くなっている感じがある。

本作に収録されている内省的な音楽も、穏やかなものが多く、ディープなものというより表層的なもので、静かな泉を彷彿させる。

こういう曲から受ける印象は、なにやら吹っ切れたというものである。全体的な力みというものが抜け落ち、たおやかで穏やかなアルバムとなっている。これまでのエンヤとは異なる新境地を開いたというべきかもしれない。

このアルバムは、全体の流れ・構成がしっかりしている点に特徴があると思う。恐らく、題名の”A Day Without Rain”からイメージされるストーリーだてにしているのだろう。だから、アルバム収録の順番で聞くのが一番楽しめるのではないだろうか。

シングルカットや映画・ドラマで使われた曲の多いアルバムである。だが、シングルカットの曲を聞くというよりは、ストーリーを楽しむアルバムであると思う。エンヤは本来アルバム主義者のアーティストである。アルバム全体を通して聞くのがエンヤの世界が最も楽しめるだろうと思う。

1~3曲目では、導入部分からシングルカットに適する曲を持ってき、4曲目でいったん暗く重い雰囲気にして、5曲目に穏やかな曲を持ってくる。

暗くて今にも雨のふりそうな深い谷底からはい上がって、ほっと一息を入れる感じであろうか。6曲目、7曲目では、静かな古い森の中をゆったりと歩いているような穏やかさと和みを感じることが出来るだろう。

そして、8曲目で気持ちの弾むような気持ちになり、雨のない晴れ晴れとした日々の楽しさを享受することが出来る。9曲目からは家に戻ってその日一日の出来事を振り返っている印象を受ける。

アルバム一枚で1日に起きた出来事を表現しているかのようである。

このアルバムは盤を製造した国により、曲目の一部が異なるようだ。例えば、私の持っているドイツ盤と、日本盤とは11曲目が異なっている。

日本盤の11曲目はボーナストラックの”Isobella”である。そういう意味では、各国の盤を集めてみるのも面白いアルバムかもしれない。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Enya-ADayWithoutRain
Enya
2000
Album title
“A Day Without Rain”
Label : Warner Music UK

EnyaをAmazonで探す

1 A Day Without Rain
2 Wild Child
3 Only Time
4 Tempus Vernum
5 Deora Ar Mo Chroi
6 Flora’s Secret
7 Fallen Embers
8 Silver Inches
9 Pilgrim
10 One By One
11 The First Of Autumn
12 Lazy Days

アルバムの評価

★★★★★★★★★★
【評価の内訳】5.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.1.0
Aランク:2曲目、8曲目
Bランク:1曲目、3曲目、5曲目、6曲目、7曲目、9曲目、10曲目、11曲目、12曲目

Enya(エンヤ)プロフィール

Enya、1961年5月17日生まれ。本名をEithne Ni Bhraonain または Enya Brennanという。
アイルランドの北部に生まれた彼女の家は音楽一家であった。Enyaはピアノを身につけ、クラシック音楽を学んだ。
18歳のとき彼女の姉、兄らが1970年代に結成したClannad(クラナド)に参加している。Clannadには長姉のモイア・ブレナンがおり、Enyaが抜けた後、Theme From Harry’s Gameがヒットした。
Enyaは、Clannad脱退後、Nicky Ryan(ニッキー・ライアン)と、彼の妻Roma Ryan(ローマ・ライアン)と共に音楽作りを始める。イギリスのBBCのテレビドキュメンタリー番組「The Celts」のためのサウンドトラックを制作し、1987年「Celts」でソロ・デビュー。
1988年に、アルバム「Watermark」からのシングルカット「Orinoco Flow」がヨーロッパでセンセーショナルを巻き起こす。同時にアルバム「Watermark」もヒットする。この一枚でEnyaの事実上の地位が確立された。これ以降、彼女のリリース期間が長いのは、彼女の完璧主義もあるが、商業的に急いでリリースする必要がない、Enyaの不動の地位があるためでもあろう。