Enya / The Memory of Treesの紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム

前作から4年ぶりとなる新譜が本作。3rdアルバム(通算4枚目)

12曲目は日本盤ボーナストラックである。

個人的には、”Watermark“からの流れが本作でいったん完結した印象を受ける。

プロローグとしての”Watermark”、本編の”Shepherd Moons“、そしてエピローグとしての本作。

それは、エンヤのデビューして以来の音楽性を、本作でいったん完成のレベルまで持って行ったことを示すものでもある。

だが完成したと言うことは、逆に言えば、行き詰まったとも言える。

それでも楽曲のレベルの高さは、ヘタなミュージシャンよりはるかに上であるのは間違いない。

エンヤに限って言えば、どのアルバムも遜色はないし、どのアルバムもオススメすることが出来る数少ないアーティストである。

ここで評価を下しているのは、私個人がどれだけの頻度で聞くかというのがバロメーターを示しているだけである。つまり、私個人は本作をエンヤ作品の中ではあまり聞かないのである。

なぜ聞く頻度が少ないのか。

端的に言えば、”Watermark”と”Shepherd Moons”を足して割った印象のアルバムだからである。(その印象がゆえに、本作を一連の流れで完結編として捉えているのである。)

足して割った印象のアルバムが悪いわけではない。が、新鮮味がなく、飽きが来てしまう。また、内省的なイメージの曲が多いのも、聞く頻度を下げているのかもしれない。

前2作は、陰陽が分かれてバランスが良かった。また、前2作はエンヤの新しい試みが随所に盛り込まれており、それがアルバムに勢いをもたらしていた感がある。本作ではその勢いが無くなってしまっているように思われる。守りの感じがある。

個人的に思うのは、前2作の異常なヒットに、プレッシャーがあったのではないかと思う。セールスでコケル訳にはいかない…。そんな思いが保守的な方向に動かせたのではないか。だから、守りの感じを受けるのではないか。

だが、セールスもコケルことなく、無事にエンヤらしいヒットを飛ばしている。

そして、セールスからの呪縛から解き放たれたのであろうか。次作では、前2作に劣らずの勢いを取り戻している。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Enya-TheMemoryOfTrees
Enya
1995
Album title
“The Memory of Trees”
Label : Warner Music UK

EnyaをAmazonで探す

1 The Memory of Trees
2 Anywhere Is
3 Pax Deorum
4 Athair Ar Nearmh
5 From Where I Am
6 China Roses
7 Hope Has a Place
8 Tea-House Moon
9 Once You Had Gold
10 La Sonadora
11 On My Way Home
12 Oriel Window

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:-
Bランク:1曲目、2曲目、3曲目、6曲目、8曲目、10曲目、11曲目

Enya(エンヤ)プロフィール

Enya、1961年5月17日生まれ。本名をEithne Ni Bhraonain または Enya Brennanという。
アイルランドの北部に生まれた彼女の家は音楽一家であった。Enyaはピアノを身につけ、クラシック音楽を学んだ。
18歳のとき彼女の姉、兄らが1970年代に結成したClannad(クラナド)に参加している。Clannadには長姉のモイア・ブレナンがおり、Enyaが抜けた後、Theme From Harry’s Gameがヒットした。
Enyaは、Clannad脱退後、Nicky Ryan(ニッキー・ライアン)と、彼の妻Roma Ryan(ローマ・ライアン)と共に音楽作りを始める。イギリスのBBCのテレビドキュメンタリー番組「The Celts」のためのサウンドトラックを制作し、1987年「Celts」でソロ・デビュー。
1988年に、アルバム「Watermark」からのシングルカット「Orinoco Flow」がヨーロッパでセンセーショナルを巻き起こす。同時にアルバム「Watermark」もヒットする。この一枚でEnyaの事実上の地位が確立された。これ以降、彼女のリリース期間が長いのは、彼女の完璧主義もあるが、商業的に急いでリリースする必要がない、Enyaの不動の地位があるためでもあろう。