Enya / Watermarkの紹介と感想(超おススメアルバム)

このアルバム

エンヤのメジャーデビュー作。

シングルカットされた”Orinoco Flow”はヨーロッパをはじめとして当時の音楽シーンに衝撃を与えた。

それは、当時、ポップスやロックが全盛の時代にあって、全く異質の音楽が出現したからに他ならない。

また、”Orinoco Flow”のPVも、それまでとは異なる新たな映像感覚を提供し、話題をさらった。

YouTube

“Orinoco Flow”の話題は、今となってはEnyaを語る上で当然のことになっているが、ボーカルの多重録音に集中した。

ボーカルを何十回もテープにとるという作業。当時はパソコン上での処理が出来なかったので、全てテープでの仕事になっており、膨大な時間がかかった。現在となっては信じられないほど面倒な作業を行っていたのだ。

私が思うに、多重録音に話題が集中したのは、一つには手法の斬新さもあるだろうが、一人の人間でメインボーカルからバックボーカルまでを担当することがいかに曲全体をまとめ上げるかを認識させるきっかけになったからだと思う。

一人で全てを担当すれば、当然同じ声質で曲が完成する。メインボーカルとバックボーカルの相性は良いはずである。

気が付けば当たり前のことだが、当時、通常ポップスやロックの場合、バックボーカルはコーラスなどの別の人間に歌わせるのが常識だった。その常識に対するアンチテーゼにもなったのだろう思う。

今となっては”癒し系”などの代名詞となっているエンヤだが、メジャーデビュー当時は”革新性”と”斬新性”を兼ね備えた音楽だったのである。

本作はヒットし、エンヤは一気にメジャーとなる。エンヤとプロデューサーのニッキー・ライアン、詞を担当しているその妻のローマ・ライアンとのトリオはこの作品から始まる。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Enya
1988
Album title
“Watermark”
Label : Warner Music UK

EnyaをAmazonで探す

1 Watermark
2 Cursum Perficio
3 On Your Shore
4 Storms in Africa
5 Exile
6 Miss Clare Remembers
7 Orinoco Flow
8 Evening Falls…
9 River
10 The Longships
11 Na Laetha Gael M’oige

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.7
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.7
Aランク:7曲目
Bランク:1曲目、2曲目、4曲目、6曲目、8曲目、9曲目

Enya(エンヤ)プロフィール

Enya、1961年5月17日生まれ。本名をEithne Ni Bhraonain または Enya Brennanという。
アイルランドの北部に生まれた彼女の家は音楽一家であった。Enyaはピアノを身につけ、クラシック音楽を学んだ。
18歳のとき彼女の姉、兄らが1970年代に結成したClannad(クラナド)に参加している。Clannadには長姉のモイア・ブレナンがおり、Enyaが抜けた後、Theme From Harry’s Gameがヒットした。
Enyaは、Clannad脱退後、Nicky Ryan(ニッキー・ライアン)と、彼の妻Roma Ryan(ローマ・ライアン)と共に音楽作りを始める。イギリスのBBCのテレビドキュメンタリー番組「The Celts」のためのサウンドトラックを制作し、1987年「Celts」でソロ・デビュー。
1988年に、アルバム「Watermark」からのシングルカット「Orinoco Flow」がヨーロッパでセンセーショナルを巻き起こす。同時にアルバム「Watermark」もヒットする。この一枚でEnyaの事実上の地位が確立された。これ以降、彼女のリリース期間が長いのは、彼女の完璧主義もあるが、商業的に急いでリリースする必要がない、Enyaの不動の地位があるためでもあろう。