Enya / The Celtsの紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム

1980年代にイギリスBBC放送局で放映されたテレビシリーズのサウンドトラックとして制作されたもの。

1987年にデビュー作としてリリースされたが、当時はまったく注目を浴びなかった。翌年リリースされ、ヨーロッパで一大センセーションを巻き起こした「Watermark」により、再度注目が集まった作品である。

しかし、「Watermark」以降のヒットの連発で、Enyaの作品の中では忘れかけられている1枚といえる。

エンヤ得意の多重録音はないものの、その根底に流れるスピリット、そして自身のアイデンティティであるケルト文化への畏敬というものは前面に出されている。この後のEnyaの方向性がこの1枚にしっかりと現れている。

また、シンセの音色などでも、後年使用するのと同じ様な柔らかな音色が垣間見える。

ただ、後年の音楽性とは若干異なるパートが散見される。もともとがエンヤ独自のアルバムではなく、サウンドトラックだったために、彼女の意向だけで作成されなかったという一面があるのだろう。

トータルで40分強という短い中に15曲も詰め込まれているので、1曲あたりが短い。だが、エンヤのファンなら外せない一枚であろう。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Enya-TheCelts
Enya
1986
Album title
“The Celts”
Label : Warner Music UK

EnyaをAmazonで探す

1 The Celts
2 Aldebaran
3 I Want Tomorrow
4 March of the Celts
5 Deireadh an Tuath
6 Sun in the Stream
7 To Go Beyond (I)
8 Fairytale
9 Epona
10 Triad: St. Patrick/Cu Chulainn/Oisin
11 Portrait (Out of the Blue)
12 Boadicea
13 Bard Dance
14 Dan y Dwr
15 To Go Beyond (II)

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:-
Bランク:1曲目、3曲目、4曲目、5曲目、7曲目、10曲目、12曲目、14曲目

Enya(エンヤ)プロフィール

Enya、1961年5月17日生まれ。本名をEithne Ni Bhraonain または Enya Brennanという。
アイルランドの北部に生まれた彼女の家は音楽一家であった。Enyaはピアノを身につけ、クラシック音楽を学んだ。
18歳のとき彼女の姉、兄らが1970年代に結成したClannad(クラナド)に参加している。Clannadには長姉のモイア・ブレナンがおり、Enyaが抜けた後、Theme From Harry’s Gameがヒットした。
Enyaは、Clannad脱退後、Nicky Ryan(ニッキー・ライアン)と、彼の妻Roma Ryan(ローマ・ライアン)と共に音楽作りを始める。イギリスのBBCのテレビドキュメンタリー番組「The Celts」のためのサウンドトラックを制作し、1987年「Celts」でソロ・デビュー。
1988年に、アルバム「Watermark」からのシングルカット「Orinoco Flow」がヨーロッパでセンセーショナルを巻き起こす。同時にアルバム「Watermark」もヒットする。この一枚でEnyaの事実上の地位が確立された。これ以降、彼女のリリース期間が長いのは、彼女の完璧主義もあるが、商業的に急いでリリースする必要がない、Enyaの不動の地位があるためでもあろう。