Innerzone Orchestra / Programmedの紹介と感想

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

Club Jazz/Future Jazzにカテゴライズされるが、Carl Craigがデトロイト・テクノの人間であるため、テクノよりの音になっている。

もともと、デトロイト・テクノ自体がJazzの香りがするので、違和感がない。このプロジェクトでは、Carl Craig名義では見られない生に近い音を楽しむことが出来る。

イメージとして、Club Jazz/Future Jazzはハウスが多いが、こういうClub Jazz/Future Jazzがあることを知っているとバリエーションが広がって楽しい。

8曲目の”People Make The World The World Go ‘Round”がHED KANDIのWinter Chillに収録されている。アコースティックな感じで、ギター、ストリングスにボーカルが乗っかっているだけの単純な構成だが、ここにもジャズの香りがする。このあたりがCarl Craigの非凡なところである。

出色は13曲目の”At Les”。内面の宇宙を感じさせるようなエコーの効いたシンセに、ジャズテイストの広がるビートが印象的。

Carl Craig名義のアルバム”More Songs About Food and Revolutionary Art”の10曲目にも同じ曲が収録されているが、ベースは同じでも、アレンジが異なっている。

Innerzone Orchestraのバージョンは、よりジャズっぽくCarl Craig名義はよりテクノっぽい。このアルバムはこの”At Les”を聞くためだけに買った。

Chill Out/Loungeアルバムではないので、この評価にしたが、Club Jazz/Future Jazzで考えるなら、★★★★★★★★★☆。Club Jazz/Future Jazz好きでこれを知らないのはマズイでしょ。

この13曲目はAbstract Jazz Lounge 3にも収録

InnerzoneOrchestra-Programmed
Innerzone Orchestra
1999
Album title
“Programmed”
Label : Planet-E

Innerzone OrchestraをAmazonで探すInnerzone Orchestra / Programmedの紹介と感想1x1.trans

曲目

1 Wrong Number
2 Manufactured Memories
3 The Beginning Of The End
4 Programmed
5 Eruption
6 Monsters
7 Blakula
8 People Make The World The World Go ‘Round
9 Architecture
10 Basic Math
11 Timing
12 Galaxy
13 At Les
14 Bug In The Bass Bin

アルバムの評価

★★★★★★★☆☆☆
【評価の内訳】3.5
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.0
Aランク:13曲目
Bランク:-

アーティストの紹介

Innerzone Orchestra(インナーゾーン・オーケストラ)プロフィール:
デトロイト・テクノの雄、Carl Craigによるプロジェクト。Carl Craig名義と異なり、ジャズの影響を全面に押し出しているのが特徴である。

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする