A Reminiscent Drive / Mercy Streetの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

全体的にアンビエントなアルバムとなっており、角の取れた音色で固められ、音が優しく響く。Chill Outに使える曲はあまりないが、Loungeにはほとんどの曲が使える。持っておきたい一枚である。

さて、1曲目は間違いなくアンビエントの名曲。また、16曲目の後半から、1曲目と同じ旋律が流れる。このアルバムは、”Life Is Beautiful”に始まり、”Life Is Beautiful”に終わるのである。

この曲を聴くためにこのアルバムを買っても良いくらいの名曲である。

ゆーったりと流れる幸福な時間を肌で感じることができる。絶品の料理を食べたときや、極上の酒を飲んだときに感じる幸せとはこういうものではないだろうか。いつまでもこの余韻に浸っていたいのである

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

AReminiscentDrive-MercyStreet
A Reminiscent Drive
1997
Album title
“Mercy Street”
Label :F-Communications

A Reminiscent DriveをAmazonで探す

1 Life Is Beautiful
2 Leg Show
3 N.Y.C Dharma
4 Serenade ( To The Sound Of Peace! )
5 The King And The Elephant
6 True Love…
7 Like Twins
8 Back To Morocco
9 Mercy Street
10 Codes Of Silence
11 There’s Always Somebody
12 Say You’re Wrong !
13 Footprints
14 New Jerusalem
15 Dawn Man introducing I Want To Remember This Moment Always
16 Relief

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.0
Aランク:-
Bランク:1曲目

アーティストの紹介

A Reminiscent Drive(ア・レミニッセント・ドライブ)プロフィール:
Jay Alanski(ジェイ・アランスキ)。フレンチ・ポップス界でプロデューサー等で活躍し、ソロ・シンガーも経験した後、マイペースな活動へと切り替え、現在に至る。

A Reminiscent Driveの他のアルバム

A Reminiscent Drive / Ambrosiaの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)
このアルバム 前作同様、アンビエント・アルバム(エレクトロに入れてもよいと思う)と言って良い作品。前作と大幅に異なるのは、ボーカルものが入り込んでいることと、生音に近い音質が若干影を潜めたところか。 "Ambrosia"とはギリ...
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました