映画「SHINOBI」(2005年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

シェアする

ネタバレ満載
おススメ:Fire TV StickApple TVChromecast

※ネタバレ満載ですのでお気をつけください。 関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

感想/コメント

★★★★★★☆☆☆☆

正式タイトルは「SHINOBI-HEART UNDER BLADE-」

原作

原作は山田風太郎の「甲賀忍法帖」。
とても面白い作品なのだが、映画はこれを原作に忠実に描いているわけではない。
プロットを踏まえながら、オリジナルなものに仕上がっている。

原作との大きな違いは十対十が五対五になっている点と、弦之介と朧の関係である。
五対五になったのは、戦いの場面(原作はこの部分が面白いわけだが)が長くなりすぎるために、削ったのだろう。

それに、原作で描かれている戦闘シーンを実写化するのは無理という判断もあったのかもしれない。
キチンと描くなら、戦いの時間に大きく割く必要があるので、二部構成にするなどの必要がある。
また、原作ではかなり特殊な術が描かれているので、これを実写化するのであれば、CGを駆使せざるを得なく、さらなる製作費が必要だっただろう。

弦之介と朧の関係を変えたのは良く分からない。背景説明の時間省略のためだろうか…。
原作では二人は伊賀と甲賀の融和のために結婚が決まっており、家康の命によって後継争いに巻き込まれ、仲が引き裂かれるというものだった。
そもそも、甲賀弾正とお幻は昔恋仲だったという設定もあり、三代にわたる念願の結婚だったのが、「妙なことになった・・・」のである。

まぁ、その他のざっくりとしたプロットはこんなものかなあ、という感じだった。
とはいえ、原作ファンにしてみれば、冒涜に近い出来上がりであるのは間違いない。
そのため、ネット上では原作ファンによる酷評が多い。
原作を同じくするアニメの「バジリスク」ファンによる酷評も見かける。

一方で、原作を知らない人にしてみれば、見れないほどのものではないと思う。
普通にある日本のアクション映画である。(主人公たちのアクションはないが・・・)

映像も音楽もきれいにできている。
特に音楽と映像のマッチングには気を使っているようで、違和感がない。
最近でこそなくなってきているが、日本の映画は、タイアップがメインでの音楽の使い方がひどすぎて、映画をぶち壊してきたので、それをあまり感じなかった点はよかった。

映像の全体的な印象は「グリーン・デスティニー」を思い出させた。
アクションが伴えば、もっとよかったのだが、残念。

映画「グリーン・デスティニー」を観た感想と作品のあらすじや情報など
英雄リー・ムーバイの内側に潜む愛。女武侠ユー・シューリンの穏やかな外見の下の熱い想い。政略結婚を強いられる若い貴族の娘イェンの可憐な姿からは想像も出来ない秘めた激しい愛と武術の技。

他にも面白い作品が多いのが、山田風太郎の「忍法帖」である。
実写化が難しいものばかりだが、実写を見たいと思わせる作品が多い。
チャレンジングな仕事だが、誰かチャレンジしないだろうか?

⇒原作の紹介は時代小説権歴史小説村の山田風太郎「甲賀忍法帖」で。

山田風太郎の「甲賀忍法帖」を読んだ感想とあらすじ
甲賀と伊賀の四百年にわたる宿命の対決が、二人の男女によって終焉を迎えようとしていたまさにその時、戒めが解かれ、両者の忍法対決が始まろうとしていた。戒めが解かれたのは、勝った方に賭けたものを三代将軍にすると大御所・家康が決めたからであった…。

雑文

好きなコンピ・アルバムにCafe del Marシリーズがある。
こんおシリーズのChillWave 2に収録されているFreyah MartellのDistant Dreamsにこの映画のセリフがサンプリングされている。

Cafe del Mar Chillwave 2の紹介と感想
コンパイルと、最後のミックス3曲はGelkaによる。Cafe del Mar Musicのアーティストらしい選曲。収録曲がとても多いのもうれしいアルバム。

使われているのは、次のセリフ。
「400年にわたる憎しみあいと殺し合い、そう簡単に許しあえるとは思えませぬ。玄之助さまと結ばれるのは、夢の中のみ。」

この音楽はこの映画のイメージ(最初と最後の渓流のシーン)に合う。

あらすじ/ストーリー

1614年

渓流。
川中の岩に座禅を組む男の前に女が現れて川の水を飲んだ。
男はその様子をじっと見ていた。
やがて女は男の存在に気が付いて驚いた表情を浮かべた…。

これが朧と弦之介の出会いだった。
やがて二人は恋に落ち、たびたび川で逢っていた。

二人はそれぞれ甲賀卍谷の忍、伊賀鍔隠れの忍だった。
弦之介は甲賀の頭領・弾正の孫。朧は伊賀の頭領・お幻の孫。
二人はひっそりと祝言を挙げた。
それぞれの頭領への報告はまた今度だ。今、それぞれの頭領は駿府に呼ばれていた。徳川家康のいる城だ。

下された命

甲賀弾正とお幻は駿府にいた。それぞれ供を一人連れている。
徳川家康と南光坊天海の見ているまえで、服部半蔵はそれぞれの術を披露させた。
相手するのは柳生宗矩の門下だ。

最初に技を披露したのは甲賀の筑摩小四郎。
そして、次に技を披露したのは伊賀の夜叉丸。
ぞれぞれ柳生門下を完膚なきまでに叩きのめした。
柳生は面目が丸つぶれになるほどの惨敗だった。

この技の披露を終えたのち、服部半蔵から指示が降りた。
それぞれから五名を選出せよ。そして、戦ったのち、駿府にたどり着いた者を勝者とする。
なお、この戦いには、徳川の後継者がかかっている。
伊賀は竹千代(後の三代将軍・徳川家光)、甲賀は国千代(後の徳川忠長)の代理だ。

しかし、これは建前。
太平の世に、必要なくなった忍を滅ぼすための南海坊天海の策略だった。
それぞれの手練れを出させ、精鋭のいなくなった里を武力で制圧するのだ。

五対五

甲賀弾正とお幻はそれぞれ里に戻り、事の次第を告げた。
そして、五名を選出した。

甲賀からは、室賀豹馬、筑摩小四郎、如月左衛門、陽炎、そして甲賀弦之介。
伊賀からは、薬師寺天膳、夜叉丸、蓑念鬼、蛍火、そして朧。

選出が終わった時点で、甲賀弾正とお幻は、それぞれの里境で会っていた。
そして、壮絶な戦いを繰り広げ、相打ちを遂げた。

弦之介はこの度の戦いの真意がわからない。
徳川家康に事の真意を確かめるために、仲間を連れて駿府へ向かった。
このことを鷹を使って伊賀に知らせた。

お幻が死に、甲賀との戦いが避けられないことを悟った朧はすぐに出立することにした。
伊賀の五人はすぐに甲賀の五人を追いかけた。

甲賀対伊賀

甲賀の五人は途中で休んで状況を把握していた。
盲目だが心眼に長けている室賀豹馬が伊賀が近づいていることを告げた。
そして伊賀が二手に分かれていることも見抜いていた。

最初にぶつかったのは甲賀の筑摩小四郎と伊賀の夜叉丸だった。
奇しくも駿府で技を披露した二人の対決だった。

そして、すぐにほかでも対決が始まった。
戦いは伊賀に不利だった。
伊賀の獣の皮を被った蓑念鬼は、毒を幼いころから摂らされ育った甲賀の陽炎の毒で殺された。
そして、最初に対決していた筑摩小四郎と夜叉丸は、筑摩小四郎が勝った。
夜叉丸が死ぬと、その顔を如月左衛門が写し取って、伊賀に紛れ込んだ。

宿場

宿場にたどり着いた朧、薬師寺天膳、蛍火の三人を筑摩小四郎が待ち受けていた。
そして、同行してた夜叉丸に化けた如月左衛門が三人を襲った。
この戦いの中で、朧が妹のように可愛がっていた蛍火が筑摩小四郎によって殺された。
朧は筑摩小四郎を追いかけ、破幻の瞳で小四郎を殺した。

残るは甲賀は甲賀弦之介と陽炎、伊賀は朧と薬師寺天膳のみとなった。

薬師寺天膳が甲賀弦之介を呼びつけた。
天膳はこの度の戦いの真意を理解していた。
弦之介は里が危ないことを知るとすぐにその場を去ろうとした。だが、天膳がそうさせない。
弦之介は瞳術で天膳を自滅させた。そして、その場を去った。

だが、薬師寺天膳は死んでいなかった。不死身だった。そこへ陽炎が現れた…。

甲賀弦之介対朧

駿河の砂浜。
残るのは甲賀弦之介と朧のみ。
避けられない戦いなのか。朧は破幻の瞳を使おうとするが、気が動転して使えない。
そして、短刀を抜き、弦之介に突っ込んでいった。
弦之介は朧に刺されるがままにしていた。

弦之介は朧を抱きしめ、あることを託した…。

駿府城

駿府城。
門の外に朧の姿があった。
会うという徳川家康を南光坊天海は諫めたが、家康は会うことにした。

朧は家康に二つの里をそっとしておいてほしいと懇願した。
だが、特殊能力を持つ忍びの里をそのままにはできないとはねのけた。
現に、朧にも破幻の瞳という特殊能力があるではないかというのが、家康の言葉だった。
これを聞き、朧は自らの目を潰して、再び懇願した。

家康は二つの里への攻撃命令を中止させた。
この命令を受けた柳生宗矩は地団太踏んだ。屈辱は晴らせなかったからだ。

再び出会いの場所

渓流。出会いの場所。
朧は甲賀弦之介との二人だけの祝言の時にもらった櫛を撫でていた…。

映画情報(題名・監督・俳優など)


SHINOBI
(2005年)

監督:下山天
アクション監督:下村勇二
製作:久松猛朗
原作:山田風太郎「甲賀忍法帖」
脚本:平田研也
CGディレクター:林弘幸
音楽:岩代太郎
主題歌:浜崎あゆみ
VFXプロデューサー:浅野秀二
衣裳デザイン:小川久美子
照明:渡邊孝一
録音:鈴木肇
助監督:足立公良
テクニカルスーパーバイザー:横石淳

出演:
朧/仲間由紀恵
甲賀弦之介/オダギリジョー
陽炎/黒谷友香
薬師寺天膳/椎名桔平
蛍火/沢尻エリカ
お幻/りりィ
甲賀弾正/寺田稔
夜叉丸/坂口拓
室賀豹馬/升毅
筑摩小四郎/虎牙光揮
如月左衛門/木下ほうか
蓑念鬼/伊藤俊
荷車を引く男/なべおさみ
柳生宗矩/永澤俊矢
柳生十兵衛/仁科克基
服部半蔵正就/松重豊
南光坊天海/石橋蓮司
徳川家康/北村和夫