乱(1985年)

【コメント】★★★★★☆☆☆☆☆
ウィリアム・シェイクスピアの「リア王」を原作として、舞台に戦国時代を選び、息子たちに家督を譲った男の悲劇を描く。
毛利元就の「3本の矢」の逸話を交えているが、毛利家を舞台としているわけではない。架空の家を舞台にしている。

映画の見所は、次々に息子たちに裏切られていき、やがては狂気にとらわれるようになる一文字秀虎を演じる仲代達矢の演技と、一文字秀虎に常に付き添っている狂阿弥を演じるピーターの演技だろう。
個人的には、この二人の演技がすべてであり、他の映画の流れなどは冗長な部分が多く感じられた。

なので、映画を観た感想としては「面白い」というものではない。だが、なぜだか、この映画のシーンのいろんな個所が思い出される。それは映画公開時もそうであったし、DVDで見直した時も同じであった。
印象深いシーンが多いのだ。

【感想 / あらすじ / ストーリー】
過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将、一文字秀虎。三つの城を抱えるまでになったが、七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲る決心をする。

隠遁する決意は客人たちの前で告げた。
彼は三本の矢を手に取り、「一本の矢は折れるが、三本束ねると折れぬ」と言いながら、息子たちにお互い助け合いながら一文字家を繁栄させるよう説いた。
長男太郎には家督と一の城を、次郎には二の城を、三郎には三の城をそれぞれ与え、互いに協力し合うように命じた。そして自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。隣国の領主藤巻と綾部もこれには驚いた。

父親思いの三男・三郎は、七十歳になる父親に対峙し、「父上は馬鹿だ。耄碌したのか。息子達が助け合うなどとは考え難く、血で血を洗う事態になるだろう。」と父親の甘さを戒め、三本の矢を力ずくでへし折ってみせた。

客人たちの前で愚弄されたと感じた秀虎は、三郎とその重臣である平山丹後をその場で追放した。
客人の一人である別の国の主・藤巻は三郎を気に入り、三郎を婿として迎え入れることを思案した。

秀虎の残る二人の息子にかける期待は、思いのほか早く裏切られる。待っていたのは息子たちの反逆と骨肉の争いだった。

太郎の奥方である楓の方は、太郎の正室楓の方は、秀虎が大殿の名目と格式を持っていることに不満を抱き、太郎をそそのかして親子を対立させた。それは、親兄弟を秀虎に殺された恨みを抱いていたからである。楓の方は、太郎を巧みに動かして秀虎の失墜を画策する。
隠居した身とはいえ忠実な家来を抱え、城の中で未だに影響力を持つ父親に対し、太郎は、今後は自分が領主なのだから、一切の事は自分に従うようにと迫る。

太郎の態度に怒った秀虎は一の城を飛び出して二の城へ向かったが、次郎は「家来抜きであれば秀虎を迎え入れる」とそっけなく告げる。秀虎は失意のうちに三の城へ向かわざるを得なかった。

だが、ここにも悲劇は待ちうけていた。太郎と次郎が軍勢を率いて秀虎を攻めてきたのだ。
三の城は陥落、秀虎の郎党、侍女たちは全員討死し、太郎も鉄の鉄砲に狙い撃たれて死んだ。
秀虎はこの生き地獄を目の当りにして自害しようとしたが太刀が折れて果たせず、発狂寸前のまま野をさまよい歩く。

夫の死を知らされた楓の方は一の城に入った次郎を誘惑して、正室の末の方を殺して自分を正室にするよう懇願した。

その頃、三郎のもとに秀虎と道化の狂阿弥が行くあてもなくなっているという知らせが丹後から届いた。
三郎は即座に軍を率いて秀虎救出に向かい次郎軍と対峙した。

三郎は陣を侍大将の畠山にまかせ、丹後、狂阿弥と共に父を探しに梓野に向かった。
秀虎を見つけ、秀虎と三郎は心から打ちとけあう。だが、その時一発の銃弾が、三郎の命を奪い、秀虎もあまりのことに泣き狂い、やがて息絶えた。


|Amazon|


(1985年)

監督:黒澤明
製作:原正人、セルジュ・シルベルマン
原作:ウィリアム・シェイクスピア「リア王」
脚本:黒澤明、小國英雄、井手雅人
音楽:武満徹
衣裳デザイナー:ワダ・エミ

出演:
一文字秀虎 / 仲代達矢
一文字太郎孝虎 / 寺尾聰
一文字次郎正虎 / 根津甚八
一文字三郎直虎 / 隆大介
楓の方 / 原田美枝子
末の方 / 宮崎美子
藤巻信弘 / 植木等
鉄修理 / 井川比佐志
狂阿弥 / ピーター
平出丹後 / 油井昌由樹
長山主水 / 伊藤敏八
白根左門 / 児玉謙次
生駒勘解由 / 加藤和夫
小倉主馬助 / 松井範雄
藤巻の老将 / 鈴木平八郎
秀虎の側室 / 南條礼子
秀虎の側室 / 古知佐和子
楓の老女 / 東郷晴子
末の老女 / 神田時枝
秀虎の側室の老女 / 音羽久米子
畠山小彌 / 加藤武太
綾部政治 / 田崎潤
鶴丸 / 野村武司

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信サービス
ad
主要カテゴリー
10作品ランダム
SNS