長谷川平蔵宣雄:火付盗賊改から京都西町奉行に栄進した鬼平・長谷川平蔵宣以の父

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

鬼平の父

長谷川宣雄(はせがわ・のぶお)
江戸時代の旗本で、鬼平こと長谷川平蔵宣以の父。通称は平蔵(へいぞう)。この通称は息子、孫へと引き継がれる。

生涯

火付盗賊改

長谷川平蔵宣雄が火付盗賊改に命じられたのは、明和8年(1771年)だった。

この年は、「江戸っ子」という言葉が生まれた年で、約60年ぶりに「お蔭参り」が流行した年でもあった。伊勢神宮には4か月で200万人を超える人が押し寄せた。この熱狂が鎮まる頃に長谷川平蔵宣雄は火付盗賊改となった。53歳のことだった。先手弓頭を7年務めてからのことだった。

翌年、明和9年(1712年)田沼意次が老中格から正式に老中となった。老中首座は9代将軍家重以来25年老中を務める松平武元(まつだいら・たけちか)である。

長谷川平蔵宣雄は二人の老中に能力を認められ、引き立てられていく。

目黒行人坂の大火

この年、目黒行人坂の大円寺から出火した。瞬く間に火は燃え広がり、幅4キロ、目黒から江戸城をかすめて日本橋、上野、浅草、千住までの20キロを焼き尽くした。死者1万4700人にも及ぶ大被害となった「目黒行人坂の大火」である。「明暦の振袖火事」「文化期の車町火事」とともに「江戸の三大火事」と呼ばれる。火事の原因が放火とはっきりしていて、犯人が捕まったのは、目黒行人坂の大火だけであった。

長谷川平蔵宣雄はすぐさま大火の原因を付け火とみて、大円寺一帯に与力・同心を投入した。すぐさま武蔵熊谷無宿・長五郎を捕まえた。長五郎は真秀と名乗る願人坊主だった。

長五郎は10歳を過ぎに武家奉公に出されたが、14歳の時に屋敷に放火して衣類を盗んで逃げた。親元に戻っても、素行は改まらず、勘当され、江戸に出て無宿の群れに入り、願人坊主の真秀と名乗った。この日、ボヤに紛れて盗みをしようと大円寺で火をつけたが、あっという間に燃え広がり、手が付けられなくなって逃げた。

長谷川平蔵宣雄はこうした自供をとりながら、真偽を確かめるために長五郎を連れて大円寺での現場検証をした。大円寺の住職にも出火時の状況を聞こうとしたが、あいにく勧進・廻国の巡礼に出ており、裏付けの話が聞けなかった。そのため、長五郎の自供だけで火罪にすることをためらい、老中・松平武元に町奉行の判断を願い出た。

松平武元は取り調べが行き届いていることから、町奉行の判断には及ばずとして、火罪とした。

京都西町奉行

明和9年は、この大火のほかに、九州から関東にかけて暴風雨や洪水がおき、農作物の実りが3年連続で不作に終わったため、年の終わり近くに改元して安永とした。

この改元の一月前に長谷川平蔵宣雄は火付盗賊改を免ぜられ、京都西町奉行に抜擢され、従五位下・備中守の官位を与えられた。赴任に当たっては27歳になっていた嫡男の平蔵宣以も妻子を伴って従った。

京都には東町奉行所と西町奉行所があったが、西町奉行所のほうが格上とされていた。門跡寺院や寺社がかかわる争訟は西町奉行が管轄したためである。

着任して8か月。安永2年、突然亡くなった。家督相続の末期願いは、京都東町奉行の酒井善左衛門忠高が処置をした。

略年表

延享5年(1748年)従兄・長谷川宣尹が死去したため、末期養子で家督を継いだ。
同年(改元があったので寛延元年(1748年))に西城御書院番。
宝暦8年(1758年)小十人頭。同年に布衣の着用を許された。
明和2年(1765年)御先手弓頭。
明和8年(1771年)火付盗賊改加役。
明和9年(1772年)明和の大火で犯人の真秀を捕らえ、火刑に処した。
安永元年(1772年)京都西町奉行に転任、同年に従五位下備中守に叙任される。
安永2年(1773年)奉行在任中に京都で死去。享年55。

同時代人

松平武元
田沼意次