柘榴坂(ざくろざか)は東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界に存在する坂

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

柘榴坂(ざくろざか)は東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界に存在する坂。

品川駅を降りて第一京浜側へ出て信号を渡ってすぐの坂。

坂を登っていくと、途中の右手にグランドプリンスホテル新高輪がある。

柘榴の木があったため柘榴坂と名付けられたといわれる。江戸時代はカギ形に折れ曲がる坂だったそうだが、明治時代に作り変えられて直線になった。そのため石榴新坂とも呼ばれた。

江戸時代には北側(坂の下から見て右側)が薩摩藩島津家下屋敷、南側(坂の下から見て左側)が久留米藩有馬家下屋敷だった。

映画「柘榴坂の仇討」の舞台になっている。

映画「柘榴坂の仇討」(2014年)を観た感想と作品のあらすじや情報など
桜田門外の変を題材にした映画。原作は浅田次郎による短編小説。短編集「五郎治殿御始末」(ごろうじどのおしまつ)に収録されている。主人公の志村金吾と直吉(佐橋十兵衛)は浅田次郎による架空の人物である。

場所など

東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界