上泉伊勢守信綱「剣聖」と呼ばれる新陰流を興した関東(上野国)の武人

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

現代につながる流派の祖

上泉伊勢守信綱(かみいずみ・いせのかみ・のぶつな)は黒澤明監督の「七人の侍」の島田勘兵衛のモデルとして知られる。

有名な逸話が映画で使われている。

諸国遍歴の旅の途中。

立ち寄った尾張の村で、浪人が子供を人質に民家に立て籠もった。それを見た上泉伊勢守信綱は、頭を剃り、袈裟を借り、僧侶の格好をした。そして、相手を油断させて、一瞬の隙を見て子供を助け出した。(尾張一の宮の妙興寺の門前だったという説もあるようだ。)

この逸話だけでは「剣聖」と呼ばれた理由が分からないが、とにかく弟子がすごい。錚々たる剣豪が上泉伊勢守信綱を師と仰いでいる。そして、上泉伊勢守信綱を祖とする「新陰流」は現代につながる流派として、受け継がれていく。

略歴

生誕

生没年は不詳である。永正5年(1508年)頃 – 天正5年(1577年)頃。(没年は天正元年(1573年)や天正10年(1582年)などの説もある)

読みは「かみいずみ」または「こういずみ」。居城のあった前橋市上泉町は「かみいずみ」。「言継卿記」には大胡武蔵守または上泉武蔵守信綱で出ている。伊勢守は通称で、正親町天皇(おおぎまちてんのう)からの受領名は武蔵守。

永正5年(1508年)頃。上野国赤城山麓(前橋市上泉町)の上泉もしくは上泉城で生まれたとされる。

通説では父は大胡城主・大胡武蔵守秀継。大胡氏の出で、上泉は通称ということになる。

大胡氏は藤原秀郷を祖とする家柄。藤原秀郷は平将門を討伐した武将として知られ、秀郷の子孫は部門の家柄として栄えた。秀郷流の家柄は、清和源氏、桓武平氏の流れと同じく武門の名門に連なることになる。

ただし、上泉家伝来の系譜では父は上泉武蔵守義綱とされ、一色氏の一族が大胡氏の名跡を継ぎ、上泉氏の祖となったと伝えられる。
祖父は時秀。祖父、父共に武芸を好んでいた。父の代に、陰流の愛洲移香斎が上泉城に立ち寄ったと伝わっている。また、父は常陸の鹿島で松本備前守政信の指導を受けたらしい。

名は秀長⇒秀綱⇒信綱(永禄8年または9年から)。また、伊勢守⇒武蔵守と変わっていったようだ。

幼少のころのことは分かっていないらしい。

剣術修行

十代の前半から半ばころに兵法修のため、鹿島(現在の茨城県)に行っている。永正17年(1520年)13歳の時という。修行は鹿島と、その近くの香取(現在の千葉県)で行った。

現在の群馬県の前橋から、茨城県の鹿島、千葉県の香取は遠い。

どのような旅をしたのかわからないが、旧道を通ったのだとしたら、栃木県の南部までは東山道で行き、そこから茨城へ抜ける道を歩いていったのだろうか。

また、鹿島と香取は地図上では近いが、間には利根川があり、ちょうど川幅が広くなっているところのため、簡単な往来ができるところでもない。

実際に見に行ってみると、上泉信綱がいかに大変な修行をしたのかが分かる気がする。

さて、これ以前から鹿島及び近くの香取は兵法が盛んだったようだ。鹿島には塚原卜伝が、香取には飯篠家直がいる。

流派

上泉信綱は陰流、神道流、念流を学んだとされる。

修行の地の一つである香取といえば、天真正伝香取神道流(通称:神道流)が有名である。飯篠長威斎家直が興した流派で、上泉信綱の時代は飯篠長威斎家直の高弟・松本備前守政信が存命だった。この松本備前守に師事したとされている。他の説としては松本尚勝に師事したというのもあるようだ。

松本備前守政信から「鹿島の太刀」を学び、4年後に、松本備前守政信が鹿島家の内紛で戦死する前に、天真正伝香取神道流の奥義を授かった。

塚原卜伝に教わった可能性もあるが、不明。また、他に念流を学んだとされるが、誰に学んだのかが分かっていない。念流は念阿弥慈恩を流祖とする。念阿弥慈恩は福島出身とされ、東国(=関東)に良い弟子がいたようなので、その流れで学んだのだろうか。

陰流は愛洲移香斎(久忠)から学んだという。鹿島から日向(宮崎)の鵜戸神宮に愛洲移香斎を訪ねて弟子入りしたという。晩年、愛洲移香斎は鵜戸神宮の神職を務めていたといわれている。愛洲移香斎は伊勢(現在の三重)出身とされ、西国方面での足跡がある。本当に九州まで行ったのかは不明である。

一説には、移香斎の子・愛洲元香斎小七郎(猿飛陰流)に学んだという。いずれにしても陰流の直系から学んだようだ。ちなみに、上泉信綱の弟子・疋田豊五郎によると、愛洲元香斎から学んだことになっている。

のちに、上泉信綱が興した流派が新陰流と呼ばれるようになるので、陰流の影響が大きいのは間違いない。24歳の時に奥義を授かっている。愛洲移香斎に教えを受けたとしたら、80歳を超える老齢だったと思われる。

こうした兵法修行がどれくらい続いたのか、連続だったのか、断続的だったのかすらわからないが、一定の区切りをつけて戻っている。

「中古、念流、新当流またまた陰流あり、その他は計るに耐えず。予は諸流の奥義を究め、陰流において別に奇妙を抽出して新陰流を号す」

武将として

時代が飛ぶ。故郷に戻ったあと、大胡城主となり、長野業正に使えている。

天文24年(1555年)。上泉信綱は40代になっている。この年に北条氏康の大胡城攻撃に会い開城したとされる。その後、上泉の地に蟄居したという。

また、弘治3年(1557)武田軍が長野氏の箕輪城を攻めた際は、長野氏側の将として「上泉伊勢守」の名がある。前述との期間がさほどないが、蟄居が解けたのだろうか。

上泉信綱は長野業正と子・長野業盛に仕えた。当時、西には武田信玄、南には北条氏康がいるという、ある意味最悪の状況だったが、長野業正は奮戦した。

上泉信綱は長野の16人の槍と称えられ、安中城主の安中広盛を一騎打ちで討ち取り、上野国一本槍の感謝状を長野業盛からもらっている。

だが、長野業正死後の永禄9年(1566)に武田信玄の猛攻にあい、箕輪が落城。長野家はついに滅ぶ。

滅ぶ際に、武田信玄は上泉信綱を臣下に加えようとしたが、上泉信綱は仕官を断った。

これまでに修行してきた剣術に磨きをかけ、「新陰流」を打ち立てていたので、これを機に兵法修行をしたいと言って、諸国遍歴の旅に出ることになった。

惜しんだ武田信玄は、諱(信玄の諱は晴信)の一部を与えて、この時に信綱になったという逸話がある。

もしくは、他家へ仕官しないことを条件に諸国遍歴をゆるし、諱を与えたともいう。名に晴信の「信」があれば、他家では遠慮するだろう、ということである。

ただ、上記の武田信玄との逸話は少々怪しいらしい。

というのも、上泉信綱は永禄7年(1564)には上洛したと考えられ、箕輪落城の永禄9年(1566)には西国に赴いている。

上泉信綱はこの時点では当主の座を息子に譲っていたのかもしれない。年齢的に何の不思議もない。嫡男は秀胤で、その子泰綱の子孫は米沢藩士として存続した。

剣術家として

仕官を断った上泉信綱は、諸国遍歴の旅に出る。出立は永禄6年(1563年)、60歳のころである。

おそらく、この時点で「新陰流」は出来上がっていたようだ。というのも、諸国遍歴には当初から弟子を連れているからである。

のちに、剣聖と謳われるようになるが、諸国遍歴の旅に出てからは逸話が多い。

多くの流派の祖とされ、後世の剣術界に多大な影響を与えた。様々な伝承も各流派に伝わっている。そうしたことの一つに、袋竹刀の発明が上泉信綱によるものというものだ。

諸国遍歴の旅には、神後伊豆守宗治(=鈴木意伯)、疋田文五郎景兼(虎伯)らの弟子と出立したようだ。

のちに、弟子となるのが、丸目蔵人佐長恵(タイ捨流)、奥山休賀斎公重(奥山新影流)で、上記2人と合わせて四天王と呼ばれているようだ。

他の有名な弟子(いやむしろこちらのほうが有名だと思うが)として、柳生宗厳、宝蔵院胤栄がいる。

旅の道程は分かっていない。逸話の類から外れないが、面白い逸話が多い。そして、最期の様子も分かっていない。謎に包まれた人生であった。

諸国遍歴の中で、剣豪大名として名高い北畠具教を訪ねている。北畠具教は塚原卜伝から「一の太刀」を許されている。ここでは、疋田文五郎景兼が北畠家の家臣と立ち合い、いずれも圧勝した。

その後、北畠具教の紹介で奈良の宝蔵院に向かった。ここで宝蔵院胤栄(ほうぞういん・いんえい)が弟子になっている。宝蔵院胤栄は、興福寺の宝蔵院の主で、宝蔵院流槍術を創設した。十文字鎌槍を用いる流派だ。

宝蔵院胤栄が柳生宗厳を呼び寄せ、疋田文五郎景兼が相手したが、あっさり疋田文五郎景兼に負けたという。それでも柳生宗厳はめげずに、上泉伊勢守信綱との試合を臨み、3日間に3度試合が行われ、ことごとく負けたという。

この後、請われて柳生の里に向かったようで、柳生で3年間滞在したという。疋田文五郎景兼が柳生家に留まり、上泉信綱は諸国遍歴の旅を続けたとされる。

一説には、永禄7年(1564年)嫡子の秀胤が戦死したとの悲報を受け、柳生の里を離れたというが、これも時間軸が合わない。この辺りは不明だとしか言いようがない。

上洛もしている。旅の道程が分からないので、上洛は何回しているのかが分からない。早い時期の上洛時に丸目蔵人佐長恵を弟子としたようだ。

この丸目蔵人佐長恵とともに、永禄7年(1564)剣豪将軍・足利義輝に謁見し、感状をもらっている。嫡子・秀胤の戦死の悲報を受け、
公卿の山科言継を頼ったあとの話とされる。

永禄8年(1565)には柳生の里に戻っている。この年に、柳生宗厳と宝蔵院胤栄に印可状を与えている。

この時の逸話になると思われるが、上泉信綱が再び柳生の里を訪れた時、柳生宗厳の兵法が上泉信綱を凌駕していたので、上泉信綱が柳生宗厳を師と呼んだという逸話があるが、柳生新陰流への権威づけのための作り話だろう。

元亀元年(1570)、正親町天皇の御前で剣術を披見している。正親町天皇から天下随一と称され、従四位下に叙任され「武蔵守」を賜っている。この時、足利義輝の時と同様に、丸目蔵人佐長恵と剣術披露を行った。

この後、山科言継に暇乞いし、故郷への上泉への帰国を決意したという。

晩年はわかっていない。

後北条氏に招かれ、天正10年小田原にて没したともいい、それよりも前の天正5年に大和の柳生谷で亡くなったともされる。

史料

永禄8年(1565年)4月。柳生宗厳に印可状(現・柳生延春所蔵)。同年8月付で、宝蔵院胤栄に印可状(現・柳生宗久所蔵)。

永禄10年(1567年)2月。丸目蔵人佐に目録と、同年5月に印可状。「上泉伊勢守藤原信綱」と記されている。

永禄12年1月15日 – 元亀2年7月21日。上洛期間。山科言継の日記「言継卿記」。

元亀2年7月21日。京を去り故郷へ向かった。

諸国遍歴時の逸話

諸国遍歴時の逸話として、疋田文五郎景兼(虎伯)とともに三河牛久保(愛知県豊川市)に訪れた際に、山本勘助と立ち合った。

立ち会ったのは疋田文五郎景兼で、最初は疋田文五郎景兼が勝ち、次に山本勘助が勝ったが、最初の敗戦だけを喧伝されたため、勘助は面目を失って牛久保の地を離れたという。

山本勘助は永禄四年(1561)に死亡しているとされ、時期が合わない。そもそも、山本勘助については、いわゆる軍師「山本勘助」の実在が怪しい。

上泉信綱を描いた作品

池波正太郎「剣の天地」

池波正太郎の「剣の天地」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)
一城の主でありながら兵法を極めた武人でもあった伊勢守。一城の主としては、北条氏康とも戦い、武田信玄とも戦っている。このあたりの活躍は上州一本槍と呼ばれるほどの活躍をみせ、本書の見せ場の一つでもある。もう一つの見せ場は、剣豪としての見せ場であろう。物語の早い段階で、最後まで因縁のある十河九郎兵衛高種を登場させている。

海道龍一朗「真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱」

海道龍一朗の「真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)
男子たるもの、この「真剣」を読まずして、血湧き肉踊ることなかれ!上泉伊勢守信綱と宝蔵院覚禅房胤榮の二人の素晴らしく格好良い。これぞ漢の生き様!上泉伊勢守信綱とは違う人生を歩みつつも、同じものをもとめる宝蔵院覚禅房胤榮という漢の生き様は本書に書かれている。