吉川英治文学新人賞の一覧

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

概要

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)。
新人賞だが、実態は中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占めている。

主催:公益財団法人吉川英治国民文化振興会
後援:講談社

受賞作

第37回 2016年 薬丸岳 「Aではない君と」
第36回 2015年 西條奈加 「まるまるの毬」
第35回 2014年 和田竜 「村上海賊の娘」
第34回 2013年 伊東潤 「国を蹴った男」、月村了衛 「機龍警察 暗黒市場」
第33回 2012年 西村健 「地の底のヤマ」
第32回 2011年 辻村深月 「ツナグ」
第31回 2010年 池井戸潤 「鉄の骨」、冲方丁 「天地明察」
第30回 2009年 朝倉かすみ 「田村はまだか」、柳広司 「ジョーカー・ゲーム」
第29回 2008年 佐藤亜紀 「ミノタウロス」
第28回 2007年 佐藤多佳子 「一瞬の風になれ」
第27回 2006年 今野敏 「隠蔽捜査」
第26回 2005年 恩田陸 「夜のピクニック」、瀬尾まいこ 「幸福な食卓」
第25回 2004年 伊坂幸太郎 「アヒルと鴨のコインロッカー」、垣根涼介 「ワイルド・ソウル」
第24回 2003年 福井晴敏 「終戦のローレライ」、諸田玲子 「其の一日
第23回 2002年 大崎善生 「パイロットフィッシュ」
第22回 2001年 野沢尚 「深紅」
第21回 2000年 宇江佐真理 「深川恋物語」
第20回 1999年 山本文緒 「恋愛中毒」
第19回 1998年 花村萬月 「皆月」
第18回 1997年 馳星周 「不夜城」、服部真澄 「鷲の驕り」
第17回 1996年 真保裕一 「ホワイトアウト」、鈴木光司 「らせん」
第16回 1995年 浅田次郎 「地下鉄に乗って」、小嵐九八郎 「刑務所ものがたり」
第15回 1994年 薄井ゆうじ 「樹の上の草魚」、東郷隆 「大砲松」
第14回 1993年 帚木蓬生 「三たびの海峡」
第13回 1992年 中島らも 「今夜、すべてのバーで」、宮部みゆき 「本所深川ふしぎ草紙
第12回 1991年 大沢在昌 「新宿鮫」、伊集院静 「乳房」
第11回 1990年 小杉健治 「土俵を走る殺意」
第10回 1989年 椎名誠 「犬の系譜」、岡嶋二人 「99%の誘拐」
第9回 1988年 清水義範 「国語入試問題必勝法」
第8回 1987年 景山民夫 「虎口からの脱出」
第7回 1986年 高橋克彦 「総門谷」
第6回 1985年 船戸与一 「山猫の夏」
第5回 1984年 連城三紀彦 「宵待草夜情」、山口洋子 「プライベート・ライブ」
第4回 1983年 赤瀬川隼 「球は転々宇宙間」、北方謙三 「眠りなき夜」
第3回 1982年 澤田ふじ子 「陸奥甲冑記」「寂野」
第2回 1981年 栗本薫 「絃の聖域」、南原幹雄 「闇と影の百年戦争」
第1回 1980年 加堂秀三 「涸瀧」、田中光二 「黄金の罠」