遠藤周作とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1923-1996)
遠藤周作(えんどうしゅうさく)。日本の小説家、批評家、劇作家。東京生まれ。父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。11歳の時にカトリックの洗礼を受けた。
上智大学入学したが中退し、慶應義塾大学文学部仏文科を卒業。卒業後フランスへ留学。
帰国後は批評家として活動し、1955年に発表した「白い人」で芥川賞を受賞。第三の新人の一人。
町田市玉川学園に転居してからは「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号を名乗った。無類のいたずら好きとしても知られる。
「沈黙」をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受け、ノーベル文学賞候補にも挙げられた。
1955年「白い人」で第33回芥川賞。
1958年「海と毒薬」で第5回新潮社文学賞、第12回毎日出版文化賞。
1966年「沈黙」で第2回谷崎潤一郎賞。
1971年ローマ法皇庁からシルベストリー勲章。
1978年「イエスの生涯」で国際ダグ・ハマーショルド賞。
1979年「キリストの誕生」で第30回読売文学賞評論・伝記賞。同年、日本芸術院賞。
1980年「侍」で第33回野間文芸賞。
1981年芸術院会員になる。
1988年文化功労者に選出。
1990年アメリカのキャンピオン賞。
1995年文化勲章。

紹介している小説

  1. 王の挽歌(上)
  2. 王の挽歌(下)

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする