高橋克彦とその作品

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1947 – )
高橋克彦(たかはし かつひこ)。小説家。
岩手県釜石市生まれ。岩手高等学校、早稲田大学商学部卒業。盛岡市在住。
盛岡藩の御殿医の家系で開業医の家庭に育つ。エッセイストの高橋喜平と、東大名誉教授の高橋延清は伯父。
大学卒業後、浮世絵の研究者となり、久慈市のアレン短期大学専任講師となる。
1983年に「写楽殺人事件」で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。歴史小説、ホラー、ミステリー、時代小説など、幅広いジャンルで活躍し、東北地方を舞台とすることが多い。
1983年「写楽殺人事件」で第29回江戸川乱歩賞
1986年「総門谷」で第7回吉川英治文学新人賞
1987年「北斎殺人事件」で第40回日本推理作家協会賞
1992年「緋い記憶」で第106回直木賞
2000年「火怨」で第34回吉川英治文学賞
2002年第53回NHK放送文化賞

紹介している小説

  1. 火怨 北の耀星アテルイ(上)
  2. 火怨 北の耀星アテルイ(下)