松本清張とその作品

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1909年- 1992年)
松本清張(まつもと せいちょう)。小説家。本名は清張(きよはる)。
福岡県企救郡板櫃村(現在の北九州市小倉北区)生まれ。
高等小学校卒業後、給仕、版工などの職につく。
1950年朝日新聞社勤務中に書いた「西郷札」が「週刊朝日」の「百万人の小説」に入選。
1953年に「或る『小倉日記』伝」が第28回芥川賞を受賞。
1958年に発表した推理小説「点と線」「眼の壁」の2長編はベストセラーとなり、犯罪の動機を重視した「社会派推理小説」とよばれる。歴史物も手がけ、ノンフィクションの分野でも活躍。
1951年「西郷札」で週刊朝日「百万人の小説」入選
1952年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞
1956年「顔」で第10回日本探偵作家クラブ賞。
1959年「小説帝銀事件」で第16回文藝春秋読者賞
1966年「昭和史発掘」「花氷」「逃亡」で第1回吉川英治文学賞、同年「砂漠の塩」で第5回婦人公論読者賞
1970年「日本の黒い霧」で日本ジャーナリスト会議賞、「昭和史発掘」をなどの創作活動で第18回菊池寛賞
1978年第29回NHK放送文化賞
1990年朝日賞

紹介している小説

  1. 柳生一族