陳舜臣とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

略歴

(1924 – 2015)
陳舜臣(ちん しゅんしん)。小説家、ミステリー作家、歴史小説作家。
神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1990年に日本国籍を取得。
後漢の陳寔の末裔。魏の陳羣、陳泰らも祖先。陳家は、中国の河南省の頴川から福建省の泉州、さらに台湾に移住し、舜臣は陳家35代目。
第一神港商業(後の神戸市立神港高等学校)を経て大阪外国語学校(後に大阪外事専門学校と改称、大阪大学外国語学部の前身校)印度語部に入学。司馬遼太郎と同期。
卒業後、同校に附設されていた西南亜細亜語研究所の助手となりインド語辞典の編纂作業などに従事。
終戦にともない日本国籍を喪失し、退職。家業の貿易業に従事。
1961年に神戸を舞台にした長編推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞後、作家生活に入る。
初期の作品はミステリーが多く、江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞を受賞。
後期になって中国の歴史小説が増える。日本において「中国歴史小説」ジャンルを確立し、以後、宮城谷昌光、酒見賢一、伴野朗、塚本青史など「中国歴史小説」を書く作家が続々と登場。
1961年「枯草の根」で第7回江戸川乱歩賞
1968年「青玉獅子香炉」で第60回直木賞
1970年「玉嶺よふたたび」「孔雀の道」で第23回日本推理作家協会賞
1971年「実録アヘン戦争」で第25回毎日出版文化賞
1976年「敦煌の旅」で第3回大佛次郎賞
1982年「叛旗 小説・李自成」で第20回日本翻訳文化賞
1974年第36回NHK放送文化賞
1988年「茶事遍路」で第40回読売文学賞随筆紀行賞
1991年「諸葛孔明」で第26回吉川英治文学賞
1992年朝日賞
1994年「作家としての業績」で第51回日本芸術院賞
1995年第3回井上靖文化賞
1996年大阪芸術賞
1998年勲三等瑞宝章