リンゼイ・デイヴィスとその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1949 – )
リンゼイ・デイヴィス。イギリスの女流推理小説家。
イギリスのバーミンガム生まれ。オックスフォード大学で英文学を専攻。卒業後、13年間公務員を勤める。
エリス・ピーターズ女史(「修道士カドフェル」などで知られる。)亡き後の歴史ミステリーの第一人者。
1989年「密偵ファルコ 白銀の誓い」でデビュー。作品は好評を博し、イギリスの図書館で貸し出し回数の1位を記録。アメリカでも広く読まれるようになり、世界的な人気を獲得する。
1999年、エリス・ピーターズ女史の功績を讃えて新設された英国推理作家協会(CWA)賞のヒストリカル・ダガー賞を受賞。初代受賞者となる。

密偵ファルコシリーズ

  1. 白銀の誓い
  2. 青銅の翳り
  3. 錆色の女神
  4. 鋼鉄の軍神
  5. 海神(ポセイドン)の黄金
  6. 砂漠の守護神
  7. 新たな旅立ち
  8. オリーブの真実
  9. 水路の連続殺人
  10. 獅子の目覚め
  11. 聖なる灯を守れ
  12. 亡者を哀れむ詩
  13. 疑惑の王宮建設
  14. 娘に語る神話
  15. 一人きりの法廷
  16. 地中海の海賊
  17. 最後の神託

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする