南條範夫とその作品

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1908 - 2004)
南條範夫(なんじょう のりお)。小説家、経済学者。本名、古賀英正。
東京都出身。東京帝国大学法学部、経済学部卒業。
中央大学、國學院大學で教鞭をとる傍らで懸賞小説に応募し入選し、作家としてデビュー。
教鞭をとりながら、時代小説作家として活躍。
「條」は旧字のため南条範夫とも表記される。
1951年「出べそ物語」で週刊朝日懸賞小説に入選
1953年「子守の殿」で第1回オール読物新人賞
1956年「燈台鬼」で第35回直木賞
1975年紫綬褒章
1982年「細香日記」で吉川英治文学賞、同年に勲三等瑞宝章

紹介している小説

  1. 上杉謙信