出久根達郎とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1944 - )
出久根達郎(でくねたつろう)。小説家。茨城県行方郡北浦町(現:行方市)生まれ。
中学卒業後集団就職で上京し、月島の古書店に勤める。
1973年独立し、杉並区で古書店「芳雅堂」を営み、そのかたわら作家デビュー。
1992年「本のお口よごしですが」で講談社エッセイ賞
1993年「佃島ふたり書房」で第108回直木賞

紹介している小説

  1. 御書物同心日記 第1巻