堺屋太一とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1935 - )
堺屋太一(さかいや たいち)。通産官僚、作家、評論家。大阪出身。本名は池口小太郎。
ペンネームの堺屋は、先祖が大阪府堺市から谷町筋に移住し、屋号とした商店に由来する。
1998年7月から2000年12月まで経済企画庁長官。
東京大学工学部入学後、経済学部へ転入し卒業。卒業後1960年に通商産業省入省。通産省時代に万博開催を提案、1970年の大阪万博で成功を収める。その後、沖縄海洋博も担当。1978年に退官。
「油断!」で小説家デビュー。著作として小説「団塊の世代」があり、これにより1940年代後半のベビーブーム世代が「団塊の世代」と呼ばれるようになった。「峠の群像」「秀吉」「豊臣秀長」などの歴史小説も手がける。

紹介している小説

  1. 世界を創った男 チンギス・ハン 第1巻 絶対現在
  2. 世界を創った男 チンギス・ハン 第2巻 変化の胎動
  3. 世界を創った男 チンギス・ハン 第3巻 勝つ仕組み
  4. 世界を創った男 チンギス・ハン 第4巻 天尽地果