武田泰淳とその作品

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1912-1976)
武田泰淳。作家。東京都出身。東京大学支那文学科中退。
第一次戦後派作家として活躍した小説家。
妻は随筆家の武田百合子、娘は写真家の武田花。
終戦後、北海道大学法文学部助教授として勤務するが、翌年には「近代文学」の同人となり作家活動に専念するため退職
主に中国文学を手がける。
代表作に「ひかりごけ」「風媒花」「司馬遷」「蝮のすゑ」「富士」など。

紹介している小説

  1. 十三妹(シイサンメイ)