宇月原晴明とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1963 - )
宇月原 晴明(うつきばら はるあき)。小説家。岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
本名の永原孝道名義でも書評や評論などの活動。
1999年「お伽ばなしの王様―青山二郎論のために」で第6回三田文学新人賞受賞(永原孝道名義で書いた)。「信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」で第11回日本ファンタジーノベル大賞。
2006年「安徳天皇漂海記」で第19回山本周五郎賞。

紹介している小説

  1. 聚楽 太閤の錬金窟