皆川博子とその作品

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1930 - )
皆川博子。小説家。東京女子大学中退。
児童文学にてデビュー。その後主としてミステリーで活躍し、時代小説、幻想文学等を手がける。受賞歴を見れば分かるが、幅広いジャンルを手がけることが出来る作家である。
1970年「川人」で第2回学研児童文学賞ノンフィクション部門。
1973年「アルカディアの夏」で第20回小説現代新人賞。
1985年「壁・旅芝居殺人事件」で第38回日本推理作家協会賞。
1986年「恋紅」で第95回直木賞。
1990年「薔薇忌」で第3回柴田錬三郎賞。
1998年「死の泉」で第32回吉川英治文学賞。

紹介している小説

  1. 妖櫻記