宮城谷昌光とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

略歴

(1945- )
宮城谷昌光。作家。愛知県蒲郡市生まれ。愛知県立時習館高等学校、早稲田大学第一文学部英文科卒。
白川静に深い影響を受け、古代中国に素材を求めた作品が多い。

1991年「天空の舟」で新田次郎文学賞。「夏姫春秋」で第105回直木賞。
1993年「重耳」で第44回芸術選奨文部大臣賞。
2000年第3回司馬遼太郎賞。
2001年「子産」で第35回吉川英治文学賞。
2004年第52回菊池寛賞受賞。
2006年紫綬褒章受賞。

古代中国が舞台

古代中国の歴史に関しては、私などは王朝名だけしか知らない。
その時代に生きた人々についても、個別の名を聞いたことはあっても、その人物がどの時代に生きていたのかは知らない。
そこで、下記において、宮城谷昌光氏が小説化した、古代の人物の生きた時代などを、大ざっぱではあるが時系列に並べてみた。
時系列で読んでみたい人にとって、一つの参考になれば幸いである。

作品の時系列

夏以前

  1. 「布衣の人」(『侠骨記』収録)・・・三皇五帝時代の一人「舜」を描く。

  1. 「地中の火」(『沈黙の王』収録)・・・后羿(こうげい)が主人公。夏王朝初期
  2. 天空の舟 小説伊尹伝』・・・商王朝成立に大きな役割を果たした伊尹(いいん)が主人公。前17世紀前後

殷(商)

  1. 「沈黙の王」(『沈黙の王』収録)・・・初めて文字を生み出した商の高宗武丁が主人公。前12世紀頃
  2. 太公望』・・・周の軍師で後に斉の始祖となった太公望が主人公。前11世紀頃/殷滅亡期
  3. 王家の風日』・・・斜陽の商を支える箕子が主人公。「太公望」と一対の作品。前11世紀頃/殷滅亡期

  1. 「甘棠の人」(『侠骨記』収録)・・・周王朝を太公望と共に支えた召公奭が主人公。前11世紀頃/周建国期
  2. 「妖異記」(『沈黙の王』収録)・・・西周の崩壊を描く。前8世紀頃/周滅亡期

春秋時代

  1. 『春秋名臣列伝』・・・春秋時代の名臣20人
  2. 「豊饒の門」(『沈黙の王』収録)・・・西周の崩壊と東周の再建を描く。前8世紀頃/周再建
  3. 『管仲』・・・春秋五覇の一人斉の桓公に仕えた名宰相・管仲が主人公。前7世紀
  4. 「侠骨記」(『侠骨記』収録)・・・管仲が治めていた斉の隣国魯の将軍曹沫が主人公。前7世紀(管仲と同時期)
  5. 重耳』・・・春秋五覇の一人で放浪のすえ君主となった重耳が主人公。前7世紀
  6. 介子推』・・・重耳の陪臣でのちに神となった介推が主人公。前7世紀頃
  7. 「春秋時代 買われた宰相」(『侠骨記』収録)・・・奴隷から秦の君主に買われ宰相となった百里奚が主人公。前7世紀
  8. 「孟夏の太陽」(『孟夏の太陽』収録)・・・晋の趙一族の物語。前7世紀後半
  9. 沙中の回廊』・・・兵から名宰相になった晋の士会が主人公。前7世紀後半
  10. 華栄の丘』・・・小国の宋の文公に仕えた宰相・華元が主人公。前7世紀末から6世紀
  11. 夏姫春秋』・・・小国の鄭に生まれた絶世の美女夏姫が主人公。前7世紀末から6世紀
  12. 「月下の彦士」(『孟夏の太陽』収録)・・・晋の趙一族の物語。前6世紀
  13. 「雨」(『玉人』収録)・・・前6世紀
  14. 晏子』・・・斉の名将である父・晏弱、司馬遷が尊敬した息子で名宰相の晏嬰を描く。子産、叔向と同時代。前6世紀
  15. 「鳳凰の冠」(『沈黙の王』収録)・・・晋の公室の流れを汲む羊舌氏の叔向が主人公。晏子、子産と同時代。前6世紀
  16. 『子産』・・・春秋時代最高の宰相で知識人だった鄭に仕えた政治家・子産が主人公。晏子、叔向と同時代。前6世紀中頃
  17. 「指」(『玉人』収録)・・・前6世紀後半から5世紀前半
  18. 「老桃残記」(『孟夏の太陽』収録)・・・晋の趙一族の物語。前5世紀
  19. 「隼の城」(『孟夏の太陽』収録)・・・晋の趙一族の物語。前5世紀
  20. 「風と白猿」(『玉人』収録)・・・前4世紀
  21. 『呉越春秋 湖底の城』・・・伍子胥、呉王夫差、越王勾践、范蠡の生涯を描く

戦国時代

  1. 『戦国名臣列伝』・・・名将16人の列伝
  2. 孟嘗君』・・・斉・魏・秦の宰相を歴任した孟嘗君・田文が主人公。「楽毅」と同時代。前4世紀後半から3世紀
  3. 楽毅』・・・燕の昭王を助けて、斉を滅亡寸前まで追い込んだ燕国の武将・楽毅が主人公。「孟嘗君」と同時代。前4世紀後半から3世紀
  4. 『青雲はるかに』・・・秦に仕えた政治家・范雎が主人公。前4世紀後半から3世紀

  1. 奇貨居くべし』・・・商人から秦の宰相になった始皇帝の父とも言われる呂不韋が主人公。前3世紀
  2. 『長城のかげ』・・・項羽と劉邦を両者の近しい人の目線で描いた短編集。前3世紀後半から2世紀
  3. 『香乱記』・・・項羽や劉邦と並び立った斉王・田横が主人公。前3世紀末
  4. 『楚漢名臣列伝』・・・項羽と劉邦に仕え活躍した異才・俊才を描く。

前漢

  1. 『劉邦』
  2. 『花の歳月』・・・司馬遷「史記」の「外戚世家」を描く。前2世紀
  3. 「桃中図」(『玉人』収録)・・・前2世紀後半から1世紀

後漢

  1. 『草原の風』・・・光武帝劉秀の青年時代から王朝再建までを描く。
  2. 『三国志』・・・黄巾の乱を遡ること百年あまり前、後漢中期の孔子と並び称される楊震から描きだす新しい三国志像。1世紀末から3世紀

  1. 「玉人」(『玉人』収録)・・・8世紀後半
  2. 「歳月」(『玉人』収録)・・・9世紀前半