子母澤寛とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1892-1968)
子母澤寛(しもざわ かん)。作家。本名・梅谷松太郎。
北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)出身。
彰義隊に参加し、箱館戦争に破れ、東京に戻ることも諦めて北海道に定住した元・御家人の祖父・十次郎をもつ。
旧制北海中学校(現北海高等学校)、明治大学法学部卒業。読売新聞などの新聞記者をへて作家へ。
新聞記者の仕事のかたわら、尾佐竹猛らの指導で旧幕臣の懐旧録・古老たちの思い出話の蒐集に力を注いだ。この蒐集には、明治時代に行われた、主として大名や武士の維新史料蒐集事業から抜け落ちていた、庶民の聞き書きが多くある。
新撰組に関する研究も豊富で、1928年「新選組始末記」を出す。その後、「新選組遺聞」「新選組物語」の「新選組三部作」を出版。
代表作に「勝海舟」など。随筆に「座頭市」のもととなった「ふところ手帖」がある。1962年第10回菊池寛賞。
筆名は居住地の大森区新井宿(現大田区新井宿)子母沢より。

作品一覧

私が把握している子母沢寛の作品一覧です。
注1)作品によってはダブっているもの(出版社の変更にともなう題名の変更など)もあるとは思いますが、確認が取れたものから順次修正を加えてゆく予定です。
注2)漏れている作品もあるとは思いますがご容赦下さい。なお、漏れている作品についてご教示頂けるとと幸いです。

  1. 国定忠治
  2. 游侠奇談
  3. 行きゆきて峠あり
  4. すっ飛び駕
  5. 弥太郎笠
  6. 関八州の旅がらす
  7. 勝海舟 1
  8. 勝海舟 2
  9. 勝海舟 3
  10. 勝海舟 4
  11. 勝海舟 5
  12. 勝海舟 6
  13. 父子鷹
  14. 小説のタネ
  15. 新選組遺聞
  16. 新選組始末記
  17. 新選組物語
  18. 逃げ水
  19. ふところ手帖
  20. ふところ手帖 続
  21. よろず覚え帖
  22. 新選組遺聞
  23. 味覚極楽
  24. おとこ鷹
  25. お坊主天狗
  26. からす組
  27. 河内山宗俊
  28. 花の雨
  29. 鴨川物語―哀惜新選組
  30. 江戸五人男
  31. 駿河遊侠伝
  32. 昼の月
  33. 愛猿記
  34. 剣客物語
  35. 幕末奇談
  36. 脇役