諸田玲子とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1954- )
静岡市生まれ。上智大学文学部英文科卒。
外資系企業勤務を経て、向田邦子、橋田壽賀子、山田洋次などの台本のノベライズや翻訳等を手がけた後、作家活動に入る。
1996年「眩惑」でデビュー。
2003年「其の一日」で第24回吉川英治文学新人賞。
2007年「奸婦にあらず」で第25回新田次郎文学賞。

紹介している小説

  1. 其の一日