白石一郎とその作品

翻訳:
スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。
※関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

これより下のコンテンツ

スポンサード

略歴

(1931-2004)
白石一郎。作家。釜山生まれ。早稲田大学卒業。
1957年「雑兵」で第10回講談倶楽部賞。
1970年に第1回福岡市文学賞。
1987年「海狼伝」で第97回直木賞。
1992年「戦鬼たちの海」で第5回柴田錬三郎賞。
1995年に第54回西日本文化賞社会文化部門
1998年に第2回海洋文学大賞特別賞
1999年「怒濤のごとく」で第33回吉川英治文学賞。
白石一郎の魅力の一つは海洋歴史小説であろう。海を舞台にした歴史小説・時代小説を書いている作家は少なく、その中で、白石一郎の作品は貴重な作品となっている。
もちろん、海洋を舞台にした小説以外も多数執筆している。
余談だが、白石一郎の息子二人も作家としてデビューしている。

紹介している小説

  1. 海狼伝
  2. 海王伝
  3. 怒濤のごとく
  4. 戦鬼たちの海 織田水軍の将・九鬼嘉隆