佐藤賢一とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

略歴

(1968-   )
佐藤賢一。作家。山形県鶴岡市生まれ。東北大学大学院文学研究科を満期単位取得し、作家業に専念。
1993年「ジャガーになった男」で第6回小説すばる新人賞。
1999年「王妃の離婚」で第121回直木賞。
若手小説家の中で実力が抜きんでている作家。年齢が若いが、塩野七生の後継者的な作家として期待される。
西洋を舞台にした歴史小説は、フランスを舞台にしたものが多く、大学院での研究がそのまま小説に反映されている感じがある。最近は、フランスを舞台にしたものから、少しずつ領域を広げ始めている。

小説

  1. ジャガーになった男
  2. 傭兵ピエール
  3. 赤目-ジャックリーの乱
  4. 双頭の鷲
  5. 王妃の離婚
  6. カエサルを撃て
  7. カルチェ・ラタン
  8. 二人のガスコン
  9. オクシタニア
  10. 黒い悪魔
  11. ジャンヌ・ダルクまたはロメ
  12. 剣闘士スパルタクス
  13. 褐色の文豪
  14. カポネ
  15. 女信長
  16. アメリカ第二次南北戦争
  17. 象牙色の賢者
  18. 新徴組
  19. ペリー
  20. 黒王妃
  21. かの名はポンパドール

小説フランス革命

第一部

  1. 革命のライオン
  2. バスティーユの陥落
  3. 聖者の戦い
  4. 議会の迷走
  5. 王の逃亡
  6. フイヤン派の野望

第二部

  1. ジロンド派の興亡
  2. 共和政の樹立
  3. ジャコバン派の独裁
  4. 粛清の嵐
  5. 徳の政治
  6. 革命の終焉

ノンフィクション

  1. ダルタニャンの生涯-史実の三銃士
  2. 英仏百年戦争
  3. カペー朝 フランス王朝史1
  4. フランス革命の肖像
  5. ヴァロワ朝 フランス王朝史2

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする