「 Chill Out Lounge : 音楽 」一覧

チルアウトとラウンジを楽しむ

Chill Out/Loungeに限らず音楽を聴く場合、まずはオーディオ機器などで聞く方が多いのではないかと思います。私自身も普段はオーディオ機器で聞いていることが多いです。ですが、オーディオ機器で聞く場合、ある意味BGM的に受け身の消極的な聞き方をしているのではないでしょうか。

記事を読む

チルアウトの聖地イビサ島

チルアウトの聖地と言えばスペイン領イビサ島。そのイビサ島の中でも、サンアントニオにあるカフェ・デル・マーが聖地と言っても過言ではないでしょう。この有名なカフェを模して、その後似たようなサンセット・カフェが出来ていますが、本家を超えるものは登場していません。

記事を読む

Sleepthief / Labyrinthine Heartの紹介と感想

最初にリリースされたのは2009年。その後、未収録の曲を何曲か追加して、2015年に再リリース。聞くなら、再リリース版をお勧めする。理由は単純。13曲目と14曲目が新たに収録されたからである。

記事を読む

チルアウトとラウンジのおすすめレーベル

Cafe del Mar (カフェ・デル・マール):Chill Out(チル・アウト)のバイブル。REAL IBIZA (リアル・イビサ):Cafe del Marに並ぶもうひとつのバイブル

記事を読む

Blue Stone / Messageの紹介と感想

Blue StoneはEthereal Popといわれる。このジャンルは「ゴシック」だとか「ロマンティック」や「別世界」などと言い表される。1980年代にイギリスで発展した音楽で、代表的なのが4ADレーベルである。

記事を読む

Kirsty Hawkshaw / Meta Messageの紹介と感想

Kirsty Hawkshawはイギリス、ロンドン出身のシンガーソングライター。Opus IIIのボーカルとして活動後、ソロで活躍。多くのアーティストの作品にゲストボーカルで参加している。

記事を読む

Anael / Once Upon a Dreamの紹介と感想

アナエルの音楽は、ヨーロッパの同系統のニューエイジのミュージシャンというのものというよりは、やはりアメリカのニューエイジ系の音である。

記事を読む

Gandalf / Sacred Riverの紹介と感想

このアルバム ニューエイジらしいニューエイジのアルバム。 時がゆったりと流れる。 1曲目は川のせらぎと鳥のさえずりから始まる。...

記事を読む

Conjure One / Holoscenicの紹介と感想(超超おススメアルバム)

傑作アルバムだと思う。ファーストやセカンドアルバムと聞き比べると、音楽性が少し変わったのと、バリエーションというか守備範囲が広がったような印象がある。音楽に多様性がもたらされ、アルバムとしての広がりが出ているように思う。

記事を読む

Kevin Wood / Sacredの紹介と感想

このアルバム グレゴリオ聖歌とネイティブアメリカンのチャントが組み合わさったアルバム。 異なるボーカルの祈りを1枚にまとまっている。...

記事を読む