「 Chill Out と Lounge 」一覧

Buddha Bar 9の紹介と感想(おススメアルバム)

Buddha Bar(ブッダ・バー)の第9弾。Ravinが戻ってきた!!!久々のRavin一人でのミックスだ。Buddha Bar 7でDavid Visanとの共作としてクレジットされているが、David Visanが絡んでいるせいで出来が悪かった。

記事を読む

Break n Bossa Chapter 4の紹介と感想

このアルバム Break n' Bossaシリーズ第4弾 相変わらずいろんなレーベルから集めてくれているのは頭が下がる。コンピレーショ...

記事を読む

Break n Bossa Chapter 3の紹介と感想

このアルバム Break n' Bossaシリーズ第3弾 前作に比べると、収録されているレーベルの数が絞られている感じがある。が、それ...

記事を読む

Break n Bossa Chapter 2の紹介と感想

このアルバム Break n' Bossaシリーズ第2弾 いろんなレーベルから曲をチョイスしている。まさに、コンピレーションと呼...

記事を読む

Loop Guru /Catalogue of Desires, Vol. 3: The Clear White Variationの紹介と感想

このアルバム ジャケットもインディな感じだが、曲の最初からインディな感じになっている。 後半は東南アジアのテイストも入っている。純粋に...

記事を読む

砂原良徳 / TAKE OFF AND LANDINGの紹介と感想

まりんのソロ 2nd。コンセプトは面白い。飛行機をメインテーマにしたノンストップミックス。世界を飛行機で旅をする。それも音楽で。

記事を読む

St Germain / Touristの紹介と感想

このアルバム Blue Noteのフランスからリリース。ということで、ジャズ。 だが、ジャズだけでなく、ハウス、ダブ、テクノ、ブルース...

記事を読む

William Orbit / Pieces in a Modern Styleの紹介と感想

このアルバム 同じシンセの音色で奏でられるクラシックの名曲の数々。 一つのアルバムとしての統一感はもちろんのこと、リミックスしやすいア...

記事を読む

The Orb / U.F. Off: The Best of Orbの紹介と感想(超おススメアルバム)

The Orbのベスト盤だが、必ずしもベストとはいいきれない。というのは、初期の長い曲は選曲されていないからである。ま、長い曲を入れてしまうと、それであと数曲しか入らなくなるからねぇ。5、6曲だけのベスト盤なんて聞いたことがないし...

記事を読む