「 Bossa House / Brazilian House 」一覧

Kaleidoscopio / Tem Que Valerの紹介と感想

このアルバムブラジリアン・ドラムンベースというのだそうな。ドラムンベースの名の通り、変則なドラムパターンが多く使われている。それにし...

記事を読む

Abstract Latin Lounge 3の紹介と感想

このシリーズの特徴だろう。フロア向けの曲が多く、ラウンジのようにマッタリと聞くというわけにはいかない。つくづく思うのは、ラテン・ハウスは夏に向かっては聞く気になれるのだが、寒さの漂い始める秋口から冬にかけては聞く気になれない。

記事を読む

Abstract Latin Lounge 2の紹介と感想

Nitegrooves/King Street Soundsは日本人プロデューサーのヒサ・イシオカが主宰している。NYからハウスミュージックを発信しているレーベルである。

記事を読む

Abstract Latin Loungeの紹介と感想

アブストラクトの冠がついているが、アブストラクトな音はない。かといって、ラウンジっぽい曲も少ない気が...。ラテンなのはそうなのだがねぇ。

記事を読む

Break n Bossa Chapter 4の紹介と感想

このアルバムBreak n' Bossaシリーズ第4弾相変わらずいろんなレーベルから集めてくれているのは頭が下がる。コンピレ...

記事を読む

Break n Bossa Chapter 3の紹介と感想

このアルバムBreak n' Bossaシリーズ第3弾前作に比べると、収録されているレーベルの数が絞られている感じがある。が...

記事を読む

Break n Bossa Chapter 2の紹介と感想

このアルバムBreak n' Bossaシリーズ第2弾いろんなレーベルから曲をチョイスしている。まさに、コンピレーションと呼...

記事を読む

Bare Essentials 2の紹介と感想

アメリカ西海岸のレーベルNaked Musicの「best of」シリーズの第2弾。アルバムタイトルは「Bare Essentials 2」だが、その冠には「The Best of Naked Music」とある。

記事を読む

Break n Bossa Chapter 1の紹介と感想

ボッサは、リズムは軽妙で、ボーカルは少し気怠いくらいがいい。そう思う。ボッサに関しては、私の場合ジャズと異なりリズムは生演奏でも何の問題もない。むしろ、打ち込みを多用されると、軽妙な感じが失われる感じがするくらいである。

記事を読む