「 ビジネス本など色んな本 」一覧

NO IMAGE

[紹介]素人でも勝てる!!6勝4敗で年20~30%のリターンをめざす株式投資の定石:橋口宏行(東洋経済新報社)[要約]

概要副題「これを知らないで株式投資をしてはならない!」 2014年1月30日発行。株式投資とは敗者のゲームである ...

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]9割の人間は行動経済学のカモである:橋本之克(経済界)[要約]

行動経済学の紹介本。学問的な裏付けに基づいて書かれているわけではないのが、ちょっとした読み物として読むにはいい。

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編:ダイヤモンド・ザイ編集部(ダイヤモンド社)[要約]

概要上級編と書いてあるが、入門編の続きとして読むのがよいと思う。 また、折に触れ読み直すための本であると思う。目次...

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]信用取引の基本と儲け方ズバリ! 新取引ルール対応:福永博之(すばる舎)[要約]

概要2013年1月1日から改正された信用取引。 1日に取引できる金額に限界があったのがなくなり、FXと同じように保証金の範...

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法:斉藤淳(中経出版)[要約]

「最も効率的な語学習得法」は、すでに一定の「答え」が確立されているという。イェール大学は「世界標準の学習法」を実践している学校の一つで、生徒たちは「語学習得の最短ルート」を走っているにすぎない。

記事を読む

NO IMAGE

[雑感]マイクロ・エコシステムという考え方

地域を単位としたエコシステムよりも、より小さな単位のエコシステムの構築というのもあり得るかもしれない。それは家族を単位としたものである。最小単位なので、マイクロ・エコシステムとでも呼ぶべきだろう。

記事を読む

NO IMAGE

[本] WONDER SPOT 世界の絶景・秘境100

写真集に旅のガイドがついている感じ。旅の目安として、アメージング度、難度、予算が示されている。アクセスやベストシーズン、旅のヒント、ツアー情報、モデルルートが書かれている。

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]プラットフォームビジネス最前線 26の分野を図解とデータで徹底解剖:根来龍之,富士通総研,早稲田大学ビジネススクール根来研究室(翔泳社)[要約]

概要本書が対象とするのは、「製品・サービス」としてのプラットフォームである。プラットフォーム・ビジネスは製品・サービ...

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]この世で一番おもしろい統計学 誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α:アラン・ダブニー,グレディ・クライン(訳)山形浩生(ダイヤモンド社)[要約]

この世で一番おもしろい統計学 誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α.。同じシリーズに「この世で一番おもしろいミクロ経済学」「この世で一番おもしろいマクロ経済学」がある。

記事を読む

NO IMAGE

[紹介]個人投資家のための「小型株」で賢く儲ける方法:小山哲(すばる舎)[要約]

概要仕手筋の解説に2章割いており、この部分が本書の最大の特徴といってよい。2003年に刊行された前作のデータを一新し...

記事を読む