Delerium(デレリアム):中世的なダークでディープな神秘的ビートサウンド

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

スポンサード

プロフィール

Delerium(デレリアム):中世的なダークでディープな神秘的ビートサウンド1x1.trans

Delerium(デレリアム)はBill Leeb(ビル リーブ)とRhys Fulber(ライス ファルバー)のユニット。以前に在籍していたメンバーとして、
Michael Balch、Chris Petersonがいる。カナダ系のバンドである。

Enigmaと並んで、グレゴリアン系の聖歌をモチーフにした曲が多いイメージがある。両者をあまりよく知らない人が聞いたら、区別が付かないと思われる。が、Deleriumの方が音の作り込みはしっかりしている感じがある。(Deleriumの方がオタクということだ…。)

世界中のトライバルな音を使っているという点でもEnigmaに近い。系統は微妙に異なるが、Deep Forestなんかもイメージしてもいいかもしれない。だが、Deleriumの方がディープでダークな音である。

Bill LeebはMichael Balchと一緒にFront Line AssemblyとDeleriumの活動をはじめ、ファーストアルバムのFaces, Forms & Illusionsをリリースした。その後、Michael Balchが抜け、Rhys Fulberと一緒に活動を続けることになる。

初期の特徴はダーク・アンビエントでダンサブルなものだったが、Karmaのリリース後、Rhys Fulberの音楽性が違うものを求めるようになり、PoemはChris Petersonと組んでリリースしている。

Chimeraでは再びBill LeebとRhys Fulberが組んでリリースしている。

Semantic Spacesの時から、などの多彩な女性ゲスト・ボーカルをフィーチャーしているのも一つの特徴。代表的なボーカルとして、Sarah Mclachlan、Dead Can DanceのLisa Gerrard、元OpusⅢのKirsty Hawkshaw、Sixpence None The RicherのLeigh Nashなどである。

なお、Rhys Fulber(ライス ファルバー)はソロ・プロジェクトとしてConjure One名義での活動をしている。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

アルバム

  1. Faces, Forms & Illusions (1989)
  2. Morpheus (1989)
  3. Syrophenikan (1990)
  4. Stone Tower (1991)
  5. Euphoric (1991)
  6. Spiritual Archives (1991)
  7. Spheres (1994)
  8. Spheres 2 (1994)
  9. Semantic Spaces (1994)
  10. Karma (1997)
  11. Poem (2000)
  12. Chimera (2003)
  13. Nuages du Monde (2006)
  14. Music Box Opera (2012)
  15. Mythologie (2016)