José Padilla(ホセ・パディーヤ):Chill out(チルアウト)を広めたCafe Del Marの伝説的DJ

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

スポンサード

プロフィール

JosePadilla

Chill Out(チル・アウト)の神様で伝説的DJ。ホセ・パディーヤ(またはホセ・パディージャ)と読む。

バレアリック・レジェンドとも言われる。バレアリックとはイビサ島を含むスペイン南部の地中海に浮かぶ群島の呼称。つまりはイビサ・レジェンドということである。ちなみに、イビサが発祥となったサウンドをバレアリック・サウンドと言う。

バレアリック・シーンではChris CocoLenny Ibizarreと並ぶ最重要人物。

1955年スペインのバルセロナ生まれ。若い頃からDJとしてバルセロナで活躍をしていたが、都会の喧騒から離れるため、20才頃(1975年)にイビサに渡る。イビサでもDJをやっていたが、1990年頃にいったんDJ活動を停止。

1991年にイビサで最も有名なバー、Cafe del Mar(カフェ・デル・マー)に誘われDJを再び始める。

その後はCafe del Marと共に歩み、共に有名になっていく。Cafe del Mar(カフェ・デル・マー)を有名にした最大の立役者であり、初期Cafe del Marのコンパイラーであった。

この人が、現在の音楽シーンに与えた影響は計り知れない。そもそも、ジャンルの垣根を取っ払って、DJプレイをしたこと自体が衝撃的であった。そして、そこからさらに発展させて、現在ではChill Out(チル・アウト)と呼ばれるスタイルも築き上げた。

現在もDJとして活動している。

チルアウト/バレアリック界のレジェンド=ホセ・パディーヤ、14年振り新作 - TOWER RECORDS ONLINE
チルアウト/バレアリック界のレジェンド=ホセ・パディーヤ、14年振り新作 - タワーレコード

1955年生まれ、70年台中期にはイビザにてウェイターの傍らDJとしてのキャリアもスタートさせた、文字通りのクラブシーン第一世代。特に90年代にリリースされたオムニバス・シリーズ『CAFE DEL MAR』は、ただ曲を選んだだけではなく、まるでオリジナル・アルバムを聴いているかのような統一性と完成度を誇り、コンピレーションの次元を超えたと言われる。内容の評価もさることながらセールスでも結果を残し、クラブミュージックを聴かない層にもアピールできる魅力は現在でも至る所で語られている。
“http://tower.jp/article/feature_item/2015/05/19/0105″(最終確認日:2017年2月11日)

José Padilla (DJ) - Wikipedia
José Padilla
  José Padilla (IBIZA/Creator of Cafe Del Mar)1955年バルセロナ生まれ。若くしてクラブDJとなりバルセロナで活動をしていたが、都会の喧騒をのがれ、1975年にイビサ島へ渡る。当時からウェイターなど をやりながらDJ活動を始める。この間10数年で、バレア...

主要ディスコグラフィー

1993 Café del Mar, Vol 1
1994 Café del Mar, Vol 2
1995 Café del Mar, Vol 3
1996 Café del Mar, Vol 4
1997 Café del Mar, Vol 5
1998 Souvenir
1999 Café del Mar, Vol 6
2001 Navigator
2002 Navigator (Special Ed.)
2002 El Sueno de Ibiza
2005 Man Ray, Vol 4
2006 Café Solo
2007 Café Solo, Vol 2
2009 Café Mambo Ibiza 09
2010 Ibiza Classic Sunset
2010 Here comes the sunset vol.4- Singita, miracle beach
2012 Blue Note Beach Classics – presented by José Padilla
2015 So Many Colours
2017 Jose Padilla’s House Party