OceanLab / Sirens of the Seaの紹介と感想(超々おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

このアルバム

OceanLab
OceanLab
Sirens of the Sea
(2013)

AmazonでOceanLabを探す

トランス寄りの曲とチルアウト、エスノ系統の曲とが混在している。

1曲目はキックはないのだが、チルとは言い難いなぁ…。
2曲目がアルバムタイトルの曲。このアルバムをうまく表現していると思う。

Sirens of the Sea

3曲目で少し音楽の印象が変わる。
1曲目、2曲目が幻想的な印象が強かったのに比べると、ポップな四つ打ちの印象である。だが、悪くない。

4曲目でカームダウン。
この曲がアルバムの最初でもよかったのではないかと思ってしまう。

5曲目はチルアウトにいい感じだ。

Miracle

6曲目、7曲目のトランシーさは手堅い。

10曲目のアッパーな感じがいい。

Lonely Girl

13曲目は4曲目のリミックス。
こちらはチルな感じ。

曲目

  1. Just Listen
  2. Sirens of the Sea
  3. If I Could Fly
  4. Breaking Ties
  5. Miracle
  6. Come Home
  7. On a Good Day
  8. Ashes
  9. I Am What I Am
  10. Lonely Girl
  11. Secret
  12. On the Beach
  13. Breaking Ties (Above & Beyond’s Flow Mix)

アルバムの評価

★★★★★★★★★★
【評価の内訳】5.0
【構成・バランス】A=2.0
【飽きのこなさ】A=2.0
【曲の好み】Av.1.0
Aランク:5曲目、10曲目
Bランク:1曲目、2曲目、3曲目、4曲目、6曲目、7曲目、8曲目、9曲目、13曲目

プロフィール

オーシャンラブ(Oceanlab)は2000年にロンドンで結成された。
ボーカル:ジャスティン・スイッサ、Above & Beyondのジョナサン・グラント、トニー・マッギネス、パーヴォ・シリャマキがメンバーとなっている。