Chicane / Giantsの紹介と感想(超おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

このアルバム

Chicane-Giants
Chicane
Giants
(2010)

AmazonでChicaneを探す

Chicaneの4枚目のアルバム。

バランスの良いアルバムである。
アルバムからは”Middledistancerunner”がシングルカットされた。
以前にシングルカットされていて収録されたのが、”Poppiholla””Hiding All the Stars””Come Back”である。

1曲目は始まりにふさわしい静かな曲。
Chicaneらしいチルな曲。

2曲目がこのアルバムを代表する一曲だろう。

Middledistancerunner

4曲目。
ポエトリーリーディングのような感じで、これはいろいろ使えそうだ。
後半にメロディが入る。

6曲目。
オリジナル曲はSigur RosのHoppipolla。
Hoppipollaとはアイスランド語で「水たまりにジャンプ」を意味するそうだ。
やっぱり、勇気をもらえるんだよねぇ、この曲から。

Chicane / Poppiholaの紹介と感想
Chicane / Poppiholaの紹介と感想
このアルバム オリジナル曲はSigur RosのHoppipolla。 Hoppipollaとはアイスランド語で「水たまりにジャンプ」を...

7曲目。
雄大な感じ。

8曲目。
アンニュイな感じだが、徐々に盛り上がっていく4つ打ち。

9曲目。
重めの4つ打ち。渋いよねぇ。

Poppihola

曲目

  1. Barefoot
  2. Middledistancerunner (feat. Adam Young)
  3. Come Back (featuring Paul Young)
  4. What Am I Doing Here, Pt. 1
  5. Giants
  6. Poppiholla (5 AM Mix)
  7. So Far Out to Sea
  8. Where Do I Start
  9. From Where I Stand
  10. Hiding All the Stars
  11. What Am I Doing Here, Pt. 2(featuring Lemar)
  12. Titles
  13. Middledistancerunner (DC Rework Edit) [feat. Adam Young]

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.8
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.8
Aランク:2曲目、6曲目
Bランク:1曲目、4曲目、7曲目、8曲目、9曲目、11曲目、13曲目

Chicane(シケイン)プロフィール

もともとはNick BracegirdleとLeo ElstobではじめたDisco Citizenが始まり。レーベルをXtravaganzaに移籍し”Chicane”と名前を変更した。その後、Leo Elstobが抜けたため、Nick Bracegirdleのソロプロジェクトとなっている。
1999年の曲”Saltwater”はClannadのヒット曲”Theme From Harry’s Game”をリミックスした曲として、話題をさらった。ボーカルは再度の歌い直しをしている。