Jose Padilla / Kata Rocksの紹介と感想(おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

このアルバム

KataRocks
Jose Padilla
2016
Blanco y Negro Music

Jose Padilla

久々の感のあるJose Padillaによるコンピ。

アルバムのKata Rocks(カタ・ロックス)はタイのプーケットにあるリゾート。

Jose PadillaやCantoma、Chris Cocoなどチルアウトの大御所の音が収録されているのが、このコンピの売りかもしれない。

Jose Padillaらしい曲の構成であるが、途中はミニマルな感じになったり、固めの音が多かったりと、チルアウト寄りというよりは、ラウンジも意識したつくりのように思えた。

聞くほど味が出てくるコンピである。

1曲目と6曲目、13曲目がJose Padillaの曲。

2曲目はCantoma / Just Landedに収録。

3曲目はChris Cocoとしてはずいぶんとライバルな音。こうした音も作れるんだなぁと思ったりして。

4曲目から少しずつミニマルで固めの音へ。終盤には戻るのだけど。この4曲目は、ディープに沈み込ませてくれる。

6曲目に向けて固めの曲で来たらしい。つながる7曲目の展開も、6曲目からの流れ。

固めの音が続いて終盤の2曲で元に戻る感じ。

Romain Bezzina/Fly Away Jack (Instrumental Mix)

曲目

artist / title

  1. Jose Padilla/Maybe the Sunset (feat. Lydmor)
  2. Cantoma/Abando (Instrumental Dub)
  3. Chris Coco/Una Tarde Calurosa (Edit)
  4. Pional/In Another Room
  5. Red Axes/Spider Feel
  6. Jose Padilla/Lollipop (I-Cube Casiotone Reprise Mix)
  7. Glass Coffee/Disclosures (Always Back to Bambi)
  8. Seb Wildblood/Submarine
  9. Jesus Gonsev/Honey Bunny (Alvaro Hylander Remix Edit)
  10. Instant House/Awade (Joe’s Jungle Sounds Dub)
  11. Los Charly’s Orchestra/The Groove & Its Synonyms
  12. Romain Bezzina/Fly Away Jack (Instrumental Mix)

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:-
Bランク:1曲目、2曲目、3曲目、4曲目、6曲目、12曲目

アーティストの紹介

José Padilla(ホセ・パディーヤ)

José Padilla(ホセ・パディーヤ):Chill out(チルアウト)を広めたCafe Del Marの伝説的DJ
言わずと知れた、Chill Out(チル・アウト)の神様で伝説的DJ。ホセ・パディーヤ(またはホセ・パディージャ)と読む。1955年スペインのバルセロナ生まれ。若い頃からDJとしてバルセロナで活躍をしていたが、都会の喧騒から離れるため、20才頃にイビサに渡る。