Anael / Once Upon a Dreamの紹介と感想

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

スポンサード

このアルバム

ニューエイジの女性ボーカルもの。

エンヤの影響を受けているようだが、それほど強くは感じない。

このアルバムでは「No Ordinary Year」がいい。

やはりケルト文化の中で生まれ育った者と、そうでない者の差。そして、ヨーロッパ文化の中で育った者と北米文化の中で育った者の差だと思う。
アナエルの音楽は、ヨーロッパの同系統のニューエイジのミュージシャンというのものというよりは、やはりアメリカのニューエイジ系の音である。

曲目

Once Upon a Dream Anael
Anael
2005
Album Title “Once Upon a Dream”
Label : APSIS Music

AmazonでAnaelを探す

  1. Once Upon a Dream
  2. The Maiden Whose Voice Made the Animals Sing
  3. White Light Valley
  4. No Ordinary Year
  5. Triumphant
  6. If Life Were But a Fairytale
  7. Rêve d’été
  8. While Time Is Slowly Fleeting
  9. Though Lovers Be Lost
  10. Take the High Road

アルバムの評価

★★★★★☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.6
【構成・バランス】B=1.5
【飽きのこなさ】C=1
【曲の好み】Av.0.1
Aランク:-
Bランク:4曲目

アーティスト紹介

アナエル
フランス系カナダ人のボーカリスト。
北部ケベック州のサグネで生まれ育ったアナエルは、10代のころに音楽活動を始めた。