Conjure One / Holoscenicの紹介と感想(超超おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

このアルバム

傑作アルバムだと思う。
ファーストやセカンドアルバムと聞き比べると、音楽性が少し変わったのと、バリエーションというか守備範囲が広がったような印象がある。
音楽に多様性がもたらされ、アルバムとしての広がりが出ているように思う。

1曲目から(少々)攻撃的に始まる。ビキビキ感がある音の中にも、クリアなきれいな音楽性が保たれている。
そして2曲目でいきなり、綺麗目の展開。
こうした音楽性のギャップがこのアルバムの特徴で、ギャップがあるにもかかわらず、トータルバランスが優れている。
何というか…、レベルが上がっている。

4曲目は地味な曲だが、地味なりにいい展開の曲。

そして、5曲目。
この始まりとリズム。男性ボーカル。
途中でボーカルを重ねている箇所は陶酔感満載…。

6曲目は静かにカームダウン。
ディープにディープに。

7曲目で再びアクティブに。

8曲目は曲名からはオドロオドロしい。なってたって「ゴースト」だから。
だが、タイトルは「幻影」もしくは「面影」といった意味合いのようだ。

9曲目の入り方もいい。好きな入り方。
確かに「庭園」を感じることができる曲。
新緑の、そよ風が吹いている庭園だ。

10曲目もピアノが美しいボーカルもの。
透明感のある曲。

11曲目のキラキラ具合はどうだよ。
最後に持ってくるなんて、ずるいじゃないか。


conjure-one-holoscenic
Conjure One
2015
Album title
“Holoscenic”
Label:Nettwerk

Conjure OneをAmazonで探す

曲目

  1. Kill the Fear (feat. Hannah Ray)
  2. Miscreant
  3. Under the Gun (feat. Leigh Nash)
  4. All That You Leave Behind
  5. Only Sky (feat. Christian Burns)
  6. Serac
  7. Still Holding On (feat. Aruna)
  8. Ghost (feat. Kristy Thirsk)
  9. The Garden
  10. Brave for Me (feat. JEZA)
  11. Oceanic (feat. Mimi Page)

アルバムの評価

★★★★★★★★★★
【評価の内訳】5.2
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.1.2
Aランク:5曲目、9曲目、11曲目
Bランク:1曲目、2曲目、4曲目、6曲目、7曲目、8曲目、10曲目

Conjure One(カンジャー・ワン/コンジュール・ワン)プロフィール

Front Line AssemblyやDeleriumのメンバーだったライス・ファルバー(Rhys Fulber)のプロジェクト。
*Conjureには呪文を唱える、魔法(手品)で~をするといういもと、祈願するという二つの意味があり、それぞれによって読み方が異なる。前者がカンジャーで、後者がコンジュールとなる。