富士急ハイランドでトーマスランドを楽しんだ夜の珍事

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

スポンサード

トーマスランド

今回の旅行の目的の一つが子どものために富士急ハイランドのトーマスランドに行くこと。
想像以上に広く、子どもも十分楽しめたようだった。

〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5丁目6−1

この日の夜。
山中湖の方のホテルの泊まった翌朝。

窓際にいると、窓のところで、ボトッという音がして、カーテンレール付近から何やら物体が落ちてきた。
こぶし大の黒い物体で、何やらモゾモゾ動いている。

部屋にいる可能性のある生き物で、こんな大きなものはあり得なーい。

まずまっさきに、思い浮かんだのが「タランチュラか???」

なぜそう思ったか。

部屋にいる可能性のある生き物で、自然豊かな場所でとなると、蜘蛛とかムカデ類が思い浮かび、その延長で、何らかの理由でタランチュラが逃げ出していたのではないかと思ってしまったのだった。

が、次の瞬間。

バタバタ、バタバタッ

????

え?

飛ぶ???

・・・・・・・

全く状況が理解できない。

どうやらタランチュラではないことは分かったのだが、何ものかが理解できず、とりあえず逃げることに。

少し離れて、よく見ると。

コウモリだった。

えぇ!?

なぜ、コウモリが部屋にいる???

それはともかくとして、

こんなのが、部屋の中を飛ばれたのではたまったものではない。

すぐさま、窓を開けて、自然に外に出るのを待った。
以外にすぐに外に出てくれたのでよかったが、どうやって部屋に入ってきたのかが理解できずにいた。

少し経って、ようやく理解できたのは、
網戸がジャバラになっており、窓との間に結構な隙間があったので、どうやらそこに入り込んだらしい。

網戸を空け、窓を閉めた際に、コウモリがその隙間に取り残されていたということだった。
ぶら下がって寝ていたのが、目が覚めて、ボトッて落ちたのが真相のようだ。

夏の珍事だった。

写真ギャラリー

地図