[紹介]ロジカル・シンキング-論理的な思考と構成のスキル:照屋華子,岡田恵子(東洋経済新報社)[要約]

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

概要

繰り返し読み返すことに意義のある本だと思う。
一朝一夕で身につくようなものではないので、なにかにつけて見返していくのが重要だと考える。
そして、このロジカル・シンキング自体も、数ある手法の一つでしかないことも肝に銘じ、盲信しないことが重要。

目次

はじめに
第1部 書いたり話したりする前に

第1章 相手に「伝える」ということ
1 「自分しか見えない病」 「にわか読心術師症候群」にかかっていないか?
2 相手に伝えるべきメッセージとは
 確認1:課題(テーマ)を確認する
 確認2:相手に期待する反応を確認する
3 何を言えば「答え」になるのか
4 なぜ、相手に自分の「答え」が通じないのか
 「結論」が伝わらないときの2つの落とし穴
 根拠が伝わらないときの3つの落とし穴
 方法が伝わらないときの2つの落とし穴
感度チェック

第2章 説得力のない「答え」に共通する欠陥
1 話の明らかな重複・漏れ・ずれ
 話の重複は「私の頭の中は混乱中」のサイン
 話の漏れは、「一点突破、全面崩壊」につながる
 話のずれが、そもそもの目的やテーマからの脱線を招く
2 話の飛び

第2部 論理的に思考を整理する技術

第3章 重複・漏れ・ずれを防ぐ
1 MECE―話の重複・漏れ・ずれをなくす技術
  MECEとは?
  たくさんのMECEのポケットを作ろう
  知っておくと便利なMECEのフレームワーク
2 グルーピング―MECEを活かした情報の整理
  グルーピングとは
  重複・漏れ・ずれのない部分集合を作ること

集中トレーニング1
1 MECEに強くなろう
2 グルーピングに強くなろう

第4章 話の飛びをなくす
1 So What? / Why So? ―話の飛びをなくす技術
  So What? / Why So? する習慣をつける
2 2種類のSo What? / Why So?
  「観察」のSo What? / Why So?
  「洞察」のSo What? / Why So?
  洞察のSo What? は観察の So What? なくしてならず

集中トレーニング2
1 「観察」のSo What? / Why So?に強くなろう
2 間違った「観察」のSo What? / Why So?に気づけるようになろう
3 「洞察」のSo What? / Why So?に強くなろう

第3部 論理的に構成する技術

第5章 So What? / Why So? と MECE で「論理」を作
1 論理とは?
  縦の法則So What? / Why So?
  横の法則MECE
  論理の基本構造
2 論理はコンパクトなほどよい
  縦方向にどこまで階層化するのか?
  横方向に、いくつに、どのように分解するのか?

第6章 論理パターンをマスターする
1 並列型
  並列型の構造
  使用上の留意点
  適用ケース
2 解説型
  解説型の構造
  使用上の留意点
  適用ケース

集中トレーニング3
1 論理的パターンの基本をマスターしよう
2 非論理的なものを見抜く力をつけよう

第7章 論理パターンを使いこなす
1 論理パターンはこう使う
  1つの課題に答えるとき
  2つの課題に同時に答えるとき
2 論理FAQ

集中トレーニング4
1 情報を論理パターンでわかりやすく構成しよう
2 図表を使って論理的に説明しよう
3 相手に納得させる論理構成をつけよう

おわりに