那珂川町馬頭広重美術館 ジャパニーズモダンが光る建物

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

スポンサード

安藤広重・歌川広重の浮世絵

幕末の浮世絵師歌川広重の作品を中心とする浮世絵の美術館。青木コレクションが所蔵品の核。

隈研吾氏の設計による建物は、「広重の芸術と伝統を表現する伝統的で落ち着きのある外観」をコンセプトとし、自然豊かな那珂川町の景観に溶け込むよう、ゆったりとした平屋建てに切妻の大屋根になっている。

美術館全体は、地元産の八溝杉による格子(ルーバー)に包まれ、時間とともに移りゆく光によってさまざまな表情を見せる。内装にも地元の材を使い、壁は烏山和紙床は芦野石でできている。

馬頭広重美術館の玄関周辺の景色。
シンプルなデザインは、いかにもジャパニーズモダン。

写真ギャラリー

地図