Gipsy Kings / Gipsy Kingsの紹介と感想

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

このアルバム

チルアウト参考ディスク。

いわゆるワールドミュージックというのも、ひろくチルアウトには取り入れられている。また、Buddha Barのようにラウンジとチルアウトの間を行くようなアルバムでも広く使われている。もともと相性がいいのだ。

とはいっても、Gipsy Kingsの場合、ボーカルものだとちょいと的が外れるので、ここでは6曲目をピックアップしてみたい。

ギターの叙情感溢れる音色が印象深い曲だが、飛び出したところがなく、ラウンジにもチルアウトにも使えそうな感じがある。

ご存じの方もいるだろうが、日本では「鬼平犯科帳」のエンディングテーマとして使われていた曲である。

多少は知られた曲のため、こうした曲もチルアウトやラウンジにも向いているということを知ってもらい為にピックアップしてみた。

GipsyKings

Gipsy Kings
Gipsy Kings
1993
Sony

Gipsy Kings

曲目

1 Bamboleo
2 Tu Quieres Volver
3 Moorea
4 Bem, Bem, Maria
5 Amor
6 Inspiration
7 Mi Manera [My Way]
8 Djobi Djoba
9 Faena
10 Quiero Saber
11 Amor, Amor
12 Duende

ジプシー・キングス(The Gipsy Kings)プロフィール:
フランスの音楽バンド。ワールドミュージックという音楽ジャンルを確立したグループのひとつとされる。
メンバーは下記のとおり。
ニコラ・レイエス (Nicolas Reyes):リードボーカル、ギター
トニーノ・バリアルド (Tonino Baliardo):リードギター
カヌート・レイエス (Canut Reyes):ギター、ボーカル
ポール・レイエス (Paul Reyes):ギター、ボーカル
パチャイ・レイエス (Patchai Reyes):ギター、ボーカル
アンドレ・レイエス (Andre Reyes):ギター、ボーカル
ディエゴ・バリアルド (Diego Baliardo):ギター
パコ・バリアルド (Paco Baliardo):ギター
チコ・ブーチキー (Chico Bouchikhi):ギター、ボーカル。アルバム「Este Mundo」発売前に脱退