Cafe Soloの紹介と感想(おススメアルバム)

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

スポンサード

このアルバム

久々に御大Jose Padillaが旧Reactに戻ってきた。久々にというのは、Jose Padillaが手がけた初期のCafe del MarをリリースしていたのがReactなのだ。

今回のアルバムは、Chill outというより、Lounge的な要素もあるアルバムで、TPOを選ばないで聞ける内容になっている。使い勝手の良いアルバムであると思う。

突出した一曲を入れないのもJose Padillaならでは。その分飽きが来にくい。

Disc2の最後にシークレットトラックがある。

DISC1

前半はLoungeで後半からChill outへ。

1曲目:エコーのかかったギター。乾いた感じがして、アメリカの中西部の風を感じる。

2曲目:オケにピアノ、愁いを帯びて気怠い感じの女性ボーカル。フレンチのテイストがプンプンする。あるいはTrip Hopの退廃さを思い起こすともいえる。

3曲目:少しHip Hopテイスト。他のDJではあまり使わないような曲。Jose Padillaらしい選曲といえる。

4曲目:前曲を振り切るかのようなつなぎの仕方。この曲はブラックテイスト。

5曲目:口笛のようなシンセの音。単純な音色の重ね方が最近では珍しいかも。

6曲目:オルガンの音が少し古さを感じさせるが、ラウンジらしい曲。

7曲目:チルな1曲。John Beltranがリミックスをしているが、柔らかい音色で女性ボーカルを引き立てているのはさすがであろう。Buddha Bar 7にも収録。ここあたりからチルアウトになっていく。

8曲目:シンプルなギターの音とパーカッションが典型的なチルアウト。これに、シンセが加わる。

9曲目:クラシックな香りのする出だし。処理されたボーカルがエキゾチックな香りを付け加えている。

10曲目:シャッターの音をサンプリングしているのは面白い。だが、このゆっくりとしたリズムはもちろんチル。

11曲目:ボサの香りのするゆったりラテンフレーバー。

12曲目:これまた古い感じのオルガンの音色。ラテン系の音。

13曲目:レゲー風味。

14曲目:明るめのゆっくりめの女性ボーカル・ハウス。

DISC2

おもしろいのはこちらのDisc。新旧の音が上手くブレンドされている。

1曲目:レゲーのリズムそのままに始まる。

2曲目:1993年の曲。当時の音色がそのまま現れており面白い。アンビエント・テクノの影響が強く残っている。

3曲目:アコースティックな感じもあり、ブラックの影響もあり。

4曲目:これはいい。爽やかハウス。すがすがしい気分になれるとっておきの一曲だろう。出だしの音から期待させてくれる。キックが入り、そしてハットが入ってくると思わず笑ってしまいたくなる。曲も期待通りに進行してくれる。

5曲目:1978年の曲。まだハウスが誕生する前の時代。もちろん打ち込みのはずがない。カントリー風にジャズ風味が加わった感じか。こうした選曲は、ベテランDJでなければなしえない。

6曲目:これも古い音かと思いきや新しい曲。70年代から80年代のテクノポップのにおいがする。

7曲目:これも古い感じのハウスの香りがする。

8曲目:ハウスから転じてテクノの音へ。

9曲目:で、YMO。リミックスだが、この選曲にはびっくり。前の曲はこの曲への橋渡し的なものなのかも知れない。ベースの音はYMOらしさがあるが、上物にYMOのものとは違うシンセが加わっている。このシンセが808 Stateならではだろう。

10曲目:テクノ風の硬めの音色。アンビエント・テクノといってもいいかもしれない。シンプルな構成が好感もてる。

11曲目:10曲目とレーベルが同じくKompakt。レーベルの色がよく現れている。

12曲目:迫り来るような、ちょいと迫力のある曲。

13曲目:口笛が気楽な感じにさせてくれる曲。
この後13曲目の6分過ぎからシークレットトラック。聞いたことはあるのだが、誰の何という曲だか分からない。

曲目

CafeSolo
Cafe Solo
2006
compiled by Jose Padilla
label : Resist

Cafe SoloをAmazonで探すCafe Soloの紹介と感想(おススメアルバム)1x1.trans

DISC1
Artist / titile
1 Tipswith / Roll Your Own
2 Brazilian Girls / Homme
3 One Self / Unfamiliar Places
4 Linn / Available
5 Felix Laband / Miss Teardrop
6 Elevator Suite / Barefoot
7 Bebel Gilberto / Aganju (John Beltran Remix)
8 Six Cups Of Rebel / Arp She Said
9 Gabin / Terra Pura
10 Jean Michel Jarre / Souvenir Of China (Live In China)
11 Uusi Fabntasia / Fantasia
12 Apollo Nove / Inexplicata
13 Boozoo Bajou feat. Joe Dukie & U-Brown / Take It Slow
14 Sunstars / Dipped In Golden Dreams

DISC2
Artist / titile
1 Paul Daley / Dem Chase
2 Quad / Aquaville
3 Fly / Satellite
4 Cities Of Foam / Last Man Standing
5 Peter Green / Tribal Dance
6 Daniel Wang / All Flowers Must Fade
7 Frontera / Rouge
8 Voice Stealer / Evaluation
9 Yellow Magic Orchestra / Light In Darkness (808 State Remix)
10 Closer Musik / Maria
11 Justus Kohncke / Schwabylon
12 Roisin / Murphy Ramalama (Bang Bang)
13 Coldcut
and Secret Track Autumn Leaves

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.3
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.3
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:4曲目
Bランク:
 Disc1:5曲目、7曲目、8曲目、9曲目、10曲目、11曲目
 Disc2:10曲目

アーティストの紹介

José Padilla(ホセ・パディーヤ)

Cafe Soloの紹介と感想(おススメアルバム)JosePadilla 1 100x100
José Padilla(ホセ・パディーヤ):Chill out(チルアウト)を広めたCafe Del Marの伝説的DJ
言わずと知れた、Chill Out(チル・アウト)の神様で伝説的DJ。ホセ・パディーヤ(またはホセ・パディージャ)と読む。1955年スペインのバルセロナ生まれ。若い頃からDJとしてバルセロナで活躍をしていたが、都会の喧騒から離れるため、20才頃にイビサに渡る。