Buddha Bar 7の紹介と感想

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

スポンサード

このアルバム

Buddha Bar(ブッダ・バー)の第7弾。

RavinとDavid Visanの共同でつくったらしいが、Ravinらしさはあまり感じない。

David Visanがからむと今ひとつ出来はよろしくないよう。イイ曲が結構あるのに、なぜがちぐはぐな感じ。

Disc1

1曲目:しっとりと、Blissで暗めにスタート。Winter Chill 06.03 (5)にも収録。

2曲目:二胡だろうとおもうが、独特の弦楽器の音色と、女性の歌声も東洋的な雰囲気が出ている。竹林の似合う湖面の風景を思い浮かべてしまう。

3曲目:クラシックなボーカルものへ。

4曲目:ボーカルはインド音階にのっているのだが、バックは必ずしもインド風ではない。そういう点では新しい感じの曲ともいえる。

5曲目:どなたさんをフィーチャリングしているのかと思えば、カイリー・ミノーグの妹・ダニー・ミノーグとは。これはミーハーなのか、そうでないのか、微妙なライン。ま、地味な曲だし、いいかぁ。

6曲目:これはアラビックな感じ。

8曲目:スパニッシュなギター。暗めのボーカル。

9曲目:全曲はこれにつなげたかったのね。同じくスパニッシュなギターに、しっとりとした女性ボーカルが綺麗な曲。Cafe del Mar 10にも収録。

10曲目:アフリカンな感じへ。

11曲目:チル・アウトの御大。やはり、つぼは外さないです。チル・アウト全開の一曲。9曲目辺りからがハイライトのようだ。

12曲目:チルな1曲。John Beltranがリミックスをしているが、柔らかい音色で女性ボーカルを引き立てているのはさすがであろう。Cafe Soloにも収録。

14曲目:オリエンタルな雰囲気。歴史物の映画、とくに古代の歴史物の映画で、小アジアやアラビア半島、エジプトを舞台にするような映画にはよく合いそう。

15曲目:心を取り乱したという題名にはそぐわないほど、穏やかな曲。

16曲目:題名を繰り返す男性ボーカル。どっかで聞いたことがあるんだよなぁ、この曲。

Disc2

2枚目がフロア・ライクなのはいつものこと。ただ、いつもよりBPMが早い気がする。それに、フロア・ライクすぎる。

1曲目:このススリ泣きの入った弦楽器は何だろうか。何となく東洋の香がする。

4曲目:エスニックな笛とモンゴルのホーミーのような歌声。これが早いリズムにのる。こういうエスニックな音って、やっぱりリズムによく合いますねぇ。

5曲目:エコーの効いた女性ボーカル。それに、沖縄音階で歌う女性ボーカルが上手くかみ合う。

6曲目:エスニックな音から、ピアノの綺麗な曲へと移行。

8曲目:使われているボーカルが、なんとなく馴染みのある感じ。そう、Deep Forestでよく聞かれる感じだ。

7曲目、12曲目:ちょっとしたアクセントなになっている曲。おもしろいアーティストかもしれない。

曲目

BuddhaBar7
Buddha Bar
2005
Buddha Bar 7
compiled by : Ravin & David Visan
label : George V

Buddha BarをAmazonで探すBuddha Bar 7の紹介と感想1x1.trans

DISC1
Artist / titile
1 Bliss / Breathe
2 My Phuong Ngyuen & Thierry David / Huong Vietnam
3 Riccardo Eberspacher / Light Signs
4 Al-Pha-X / An Indian Summer
5 Afterlife featuring Dannii Minogue / Take Me Inside (Christophe Goze Mix)
6 Ustad Sultan Khan / Aja Maji (Sacred Rythm Version by Joe Claussel)
7 Bigteteny’s Finest / Lovasok A Szakadek Fele
8 Federico Aubele / Postales
9 Vargo / The Moment
10 Salif Keita / Moussoulou (Remixed by Charles Webster)
11 Jose Padilla / Light My Heart
12 Bebel Gilberto / Aganju (John Beltran Remix)
13 Ramasutra / Magma Mama
14 Peppe Barra / Core Nire (Azoia Remix)
15 Da Lata / Distracted Minds
16 Laidback / Happy Dreamer

DISC2
Artist / titile
1 Kirpi / The Song
2 Sainkho Namtchylak / Ohm Suaa (Remixed By Martin Morales)
3 Lonesome Echo feat. Mutabaraku / Spirit Of Drums (SUMO Afrobounce Remix)
4 DJ Nasha / Flute Fantazy
5 Ryuku Underground / Mo Ashibi (Jason Bentley Remix)
6 Supervielle / Perfume (Remixed by Campo)
7 Mambayaga Project / Joy On A Stick
8 King Britt Presents Oba Funke / Uzoamaka
9 Phatjak vs. DJ Hamoodi / Ritmo Caliente
10 Harem / Medusa
11 Mo’Horizons / Drum’n Boogaloo (Full Vocal Mix)
12 Mambayaga Project / Clockwork (Shantel vs. Mahala Rai Banda Remix)
13 Tito Rodtiguez / Mama Guela (STUHR Remix)
14 Les Negresses Vertes / Sous Le Soleil De Bodega (Bodega Di Moko)

アルバムの評価

★★★★★★☆☆☆☆
【評価の内訳】3.4
【構成・バランス】B=1.5
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.4
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:-
Bランク:
 Disc1:1曲目、2曲目、4曲目、9曲目、11曲目、12曲目、14曲目、15曲目、16曲目
 Disc2:1曲目、4曲目、5曲目、6曲目

コンパイラーの紹介

Buddha Bar 7の紹介と感想DJRavin 100x100
Ravin(ラヴィン):チルアウト/ラウンジ界の巨匠でBuddha Bar(ブッダ・バー)のレジデントDJ
プロフィールRavin(ラヴィン)は1966年、インド洋に浮かぶモーリシャス島に生まれる。フランスに移り住み、DJと...