Cafe del Mar 12の紹介と感想(超おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

このアルバム

カフェ・デル・マーの第12弾。全体の印象としては25周年記念盤の延長のような感じである。

インパクトの強い、若しくは耳に残るような印象の強い曲がない。突出した曲がないが、アルバムとしてのバランスは良い。

25周年記念盤が3枚組だったので、曲数が足りるのか心配だったが、それなりの曲は確保していたようである。

その意味で合格点のアルバムである。

コマーシャリズムに走るポップス等では、インパクトの強い、若しくは耳に残るような印象の強い曲が必要だろうが、チル・アウトでは必要ない。長い期間聞くことが出来れば、それでよいのである。

さて、本作はCafe del Marシリーズとしては”初”の”DJコンピレーションではない”。トラックリストはRamon Guiral & Cade del Mar Teamが作成している。

そもそも、Cafe del MarシリーズはCafe del Marのイメージ・アルバムであるため、レジデントのDJがコンパイルする必要はないのだが、長年DJコンピレーションに慣れていると違和感がある。

DJコンピレーションじゃなければ駄目だという人は評価をもっと下げるだろう。確かに、DJコンピレーションに比べるとストーリー性がない。この辺は減点ポイントである。

Cafe del Mar 6から7で、レジデントDJがJosé PadillaからBrunoに替わったときのように、ファンの間では評価が割れるアルバムだろうが、内容は決して悪くないと思う。

また、収録されている曲のほとんどがCafe del Mar Musicが管理するものになっており、本格的にチル・アウト・レーベルとしてスタートを切ったかのようである。

25周年記念盤は、本当の意味で≪新しいCafe del Mar≫の出発を宣言したものなのかもしれない。すると、その後の第1弾が本作と捉えられる。

今後、どのようになるかは分からないが、DJコンピレーションは止めたのかもしれないという気がする。

cafe-del-mar12
Cafe del Mar 12
Cafe del Mar doce
2005年
Tracklisting Ramon Guiral & Cafe del Mar Team
label : Cafe del Mar music

Cafe del MarをAmazonで探す

曲目

DISC1
Artist / titile
1 Bombury / Sacame De Aqui (DAB Remix)
2 Slaven Kolak / All Shades Of Blue
3 Elcho / Lazy Summer Days
4 Alessandro Boschi / Empuriabrava
5 New Beginning / Another Day
6 Melibea / Antologia Cafe Del Mar
7 Arnica Montana / Sea , Sand and Sun
8 Alejandro De Pinedo / Aquarius
9 Rafa Gas & F3R Delgado feat. Raul Mendoza / Quiereme Otra Vez
10 Andre Andreo / South Beach Soul
11 Chris Le Blanc feat. Liz June / Enjoy Your Life
12 Jo Manji / Lazy Loungin
13 Steen Thottrup feat. Annette Berg / Save A Little Prayer
14 La Caina / Bailando Va

DISC2
Artist / titile
1 Blank & Jones feat. Mike Francis / Someone Like You
2 Viggo / Eso Es
3 Francesca M. / Montreux Jazz
4 Luminous / Make It Happen
5 Paco Fernandez / Junto Al Mar
6 La Caina / Le Vent M’a Dit
7 Mahara Mc Kay / One Life
8 Rafa Gas & F3R Delgado feat. Lucia Montoya / Amanecer En Bolonia
9 Friction / Looking Down
10 Pep Llado / Two Rivers , One World
11 Yann Kuhlmann / La Mauritia
12 Nera & Felix / Con Amor
13 Koru / Otis
14 Light Of Aidan / Lament

DISC1

3曲目:女性ボーカルが力強く”Lazy Summer Days”と歌い上げる。サビへの展開などは普通のポップスに思うのだが、世間一般的にはどうなのだろうか。

4曲目:木琴風のシンセ。出だしは何となく、朝靄の中を歩くような感じの印象である。トワイライトゾーンの曲が頭をよぎってしまった。

5曲目:トランペットの音とは真逆にあるような、優しい女性ボーカルが気持ちいい。双方の音がコントラストとなって良いバランスである。

9曲目:大聖堂の中で音が反響している荘厳な感じ。その後すぐにフラメンコギターが鳴り響く。南スペインのイビサにふさわしい曲である。

DISC2

1曲目:今までのBlank & Jonesのチル・アウトは良かったのに…残念。

10曲目:個人的に曲にポエトリーリーディングを合わせるのは好きなのだが、この曲は笑える。ポエトリーリーディングが日本語なのだが、すぐに”ん???”と思うはず。イントネーションが極端におかしい。果たして、読み上げているのは日本人ではない。悪くないのに、もったいない…せめて、日本人使えよ…。

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.5
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:-
Bランク:
 Disc1:1曲目、3曲目、4曲目、7曲目、8曲目、9曲目、11曲目、13曲目
 Disc2:1曲目、2曲目、4曲目、7曲目、8曲目、9曲目、10曲目、14曲目

シリーズの前・後、同年

Café del Mar 11 前≪|≫次 Café del Mar 13

同じ年の別シリーズ

  1. Café del Mar 25th Aniversario
  2. Café del Mar Aria 3 (Paul Schwartz)
  3. Café del Mar Chillhouse Mix 4

シリーズ一覧へ

Café del Mar シリーズのリスト・一覧
Café del Mar シリーズのリスト・一覧
世界でもっとも有名なカフェ・Café del Mar(カフェ・デル・マール) Café del Mar(カフェ・デル・マール or カ...