Bambuddha Grove volume1の紹介と感想(おススメアルバム)

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

コンピレーションではなく、ミックスCDである。

これはLoungeである、と言い切るのは少し危険かも知れない。かといってChill Outとは違う。新しいスタイルに発展する可能性を秘めたミックスCDである。

また、曲の傾向としては、よりオリエンタルでエキゾチックな感じの曲が多く含まれている。わかる人のためだけにイメージを一言で言うと、初期の頃のCafe del Marの感じに近い。

1曲目:猿の鳴き声(?)と鳥のさえずり…熱帯雨林をイメージさせる始まり方である。陽気に始まるのかと思いきや、すぐにうってかわって気怠い感じの音楽が始まる。

しかし、この気怠さが何とも気持ちがよいのである。室内のラウンジというよりは、夕涼みをしながら屋外で聞くラウンジが始まるのを期待させてくれる。

5曲目:若干変則的なリズムだが、リズムを刻んでいるのがパーカッションが中心であるため、それほど耳に違和感がない。この曲で、前半の気怠く重い感じから少し明るさが見えてくる。こういう展開の仕方はとてもよい。

6曲目:ボッサ風の軽~い曲。というよりも、前半の気怠く重いから一気に解き放たれるので、ふわふわした印象を受けるかも知れない。

12曲目:Chill Outの大御所Jose Padillaの曲。ファースト・アルバム「Souvenir」に収録されている。ただし、アルバムの方はボーカルバージョンである。Bambuddha Groveに収録されているのはボーカルなしのバージョン。

14曲目:軽い感じであるが、ジャジーな感じでもある。ピアノとパーカッションの奏でるメロディーは、室内で聴くよりも、夕涼みをしながら屋外で聞く方がマッチするだろう。

6曲目と10曲目のSol Projectの曲に、コンパイラーのM.O.C. Paoliが関わっている。また、6曲目にはサンプルとして屋敷豪太(Simply Red等に参加)が使われている。

曲目

BambuddhaGroveVol1
“Bambuddha Grove volume1”
2001
compiled by
M.O.C. Paoli
label : Mole Listening Pearl

Bambuddha GroveをAmazonで探すBambuddha Grove volume1の紹介と感想(おススメアルバム)1x1.trans

artist / title
1 Lemongrass / Passengers
2 Yonderboi / Rides On The Storm (Pink Solidism)
3 Deep Dive Corp / Summertime (Sweat Mix)
4 Zen-Men / Tlalok
5 De-Phazz / Squeeze The Trigger
6 Sol Project / ? Que Pasa Con Tu Corazon ?
7 De-Phazz / Cafe Coca
8 Up Bustle & Out / Coca Conga
9 Lahr / Lyrical Amusement
10 Sol Project / El Vlielo De La Gaviota
11 Marcel / On The Beach (Chaser Remix)
12 José Padilla / Bossa Rosa
13 Soulstance / Theme From Abbadesse S Street
14 Patrik Heischrek / Secrets

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.4
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.4
Aランク:-
Bランク:1曲目、5曲目、6曲目、11曲目、12曲目、13曲目