Chill Out Cafe 2の紹介と感想(超おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

スポンサード

このアルバム

IRMA(イルマ)のChill Out cafeシリーズ第2弾。

全体的にハウス色の強い一枚。

ハウスでもどちらかといえばブラジリアン・ハウスの雰囲気の強いものから、イタリア系のハウスから様々。

ChillOutCafe2
Chill Out cafe volume due (2)
1998
compiled by
Umbi Damiani, Cesare Cera

AmazonでChill Out Cafeを探す

曲目

Artist / Title
1 Skin 4 / Asia Experience
2 Dust / Talking city
3 2 Men 4 Soul / Spread Your Sax
4 Tameka Starr / Going In Circles (DJ Art Version)
5 Gazzara / Gato
6 Kekkotronics & LTJ / Gimmie the funk (Free Dub)
7 Tito Valdez / Baila (The Big Nowhere)
8 DJ Rodriguez / Disco boo
9 Be Noir / Gimmie your love (London Mix)
10 Jerome Van Rossum / Nublado (Orange Factory Rmx)
11 Sand / Byblos party
12 Science Force / Statik flowers

曲の感想

1曲目:曲名の通り、東洋的な印象が強い一曲。特に中国胡弓の音(?)が強く印象に残る。

2曲目:出だしのチャラーン・チャラーンというところが一瞬Juno Reactorの”Bible Of Dreams”に収録されている”Jardin De Cecile”に似ている。興味のある人は聞き比べてみて下さい。似ているんですよ、一瞬だけ…

4曲目:強いベース・ラインが気持ちいいリズムを演出している。癖のあるボーカルもまた良しの一曲。

11曲目:第一印象が、Innerzone Orchestra(=Carl Craig)の「Programmed」に収録されている”At Les”に似ていると感じた曲。

12曲目:このアルバムの中ではこの曲が一番好きである。氷点下で凍り付いた花は、砕け散る時にパリンパリンという音がするのだろうか、それともパキンパキンなのだろうか。この曲を聴くと、凍り付いた花が砕け散る時に鳴る音は、本当はこういう音なのだと確信できる。冷たい感じのするアンビエンス感の高い曲である。

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.5
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:12曲目
Bランク:2曲目、4曲目、7曲目、10曲目、11曲目