Cafe del Mar 6 の紹介と感想(超おススメアルバム)

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
ご参考になさってください。

スポンサード

このアルバム

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の第6弾。

Cafe del Marシリーズのコンパイラーを長く続けてきたJose Padilla最後の作品。

これを機に、Jose PadillaはCafe del Marを去る。

その理由は『あまりに有名になりすぎたから』。

チルアウトを広め、そしてCafe del Marの名を知らしめたJose Padillaの功績はあまりにも大きい。

この作品以後、ますますCafe del Marは有名になっていく。

この作品はCafe del Marにとって、一つの転換期であるといえる。

1曲目 Talvin Singh / Traveller:奇才Talvin Singh。Talvin Singhはマドンナのプロデュースをしたこともある。インド系イギリス人でタブラー奏者として一流の腕を持つ。

4曲目 dZihan & Kamien / Homebase:透明感があり、トライバルな感じである。しかし、同時に内省的な印象を与える曲。流れるシンセの音色は、壊れやすいクリスタルのグラスを彷彿させる繊細なつくり。ウィーン出身の二人組。ウィーンという土地は思索的になるのだろうか。同曲はSix Degreesの”Traveler ’01“に別リミックスが収録されている。

5曲目 Mandalay / Beautiful:チル・アウトのボーカルものとしては五指に入る名曲!!!。ボーカルの気怠い感じと、バックの壮大かつ優雅な感じが妙にマッチしている。オリジナルよりも、このリミックスの方が良い。この曲をSarah Brightmanが2003年のアルバム「harem」でカバー。Serve Chilled 2にも収録。

6曲目 Humate / 3.2 Bedrock:リミックスはプログレッシブ・ハウスのNo1DJ John DigweedがNick Muirとともに行っている。

7曲目 Endorphin / Satie 1:エリック・サティのジムノペディNo1のリミックス。ジムノペディNo1は色んなアーティストがリミックスしているので珍しくはない。それらのリミックスの中では、普通のレベル。

8曲目 Nitin Sawhney / Homelands:1曲目に続き、インド系イギリス人のアーティスト。Nitin Sawhneyはその独特のメッセージ性の強さ。クオリティの高さから評価されているアーティストである。

13曲目 Jose Padilla / Adios Ayer:Jose Padillaの曲の中で最も有名な曲。Jose Padillaのソロアルバム「Navigator」には別バージョンが収録されており、ボーカルにSealを迎えている。

15曲目 Dusty Springfield / The Look Of Love:1967の名曲。いい曲であれば、チル・アウトは時代を選ばないということを示す見本みたいな選曲。

曲目

cafe-del-mar6
Cafe del mar seis
1999年
compiled by Jose Padilla
label : MANIFESTO

AmazonでCafe del Marを探す

Artist / titile
1 Talvin Singh / Traveller (Kid Loco’s Once Upon A Time In The East Mix)
2 Afterlife / Dub In Ya Mind (Beach Club Mix)
3 A New Funky Generation / The Messenger
4 dZihan & Kamien / Homebase
5 Mandalay / Beautiful (7″Canny Mix)
6 Humate / 3.2 Bedrock (Ambient Mix)
7 Endorphin / Satie 1
8 Nitin Sawhney / Homelands
9 Rae & Christian / A Distant Invitation
10 Bugge Wesseltoft / Existence (Edit)
11 Paco Fernandez/Levitation feat. Cathy Battistessa / Oh Home
12 Marc Collin / Les Kid Nappeurs Main Theme
13 Jose Padilla / Adios Ayer
14 Moonrock / I’ll Street Blues
15 Dusty Springfield / The Look Of Love

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.8
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.8
Aランク:5曲目、13曲目
Bランク:1曲目、3曲目、4曲目、6曲目、8曲目、11曲目、12曲目、14曲目、15曲目

〔参考〕
同年にCafe del MarでDJをしているA Man Called Adam, Chris Coco & Bruno Lepretreらが、”REAL IBIZA 2″を発表している。これを合わせて聞くと、この年のCafe del Marの音がより多く聞ける。あわせて聞いておきたい。

REAL IBIZA 2の紹介と感想(超おススメアルバム)
このアルバムREAL IBIZA(リアル・イビサ)の第2弾。コンパイルを手がけるのは前回同様、人気のA Man Called...

コンパイラーの紹介

José Padilla(ホセ・パディーヤ)

José Padilla(ホセ・パディーヤ):Chill out(チルアウト)を広めたCafe Del Marの伝説的DJ
言わずと知れた、Chill Out(チル・アウト)の神様で伝説的DJ。ホセ・パディーヤ(またはホセ・パディージャ)と読む。1955年スペインのバルセロナ生まれ。若い頃からDJとしてバルセロナで活躍をしていたが、都会の喧騒から離れるため、20才頃にイビサに渡る。

シリーズの前・後、同年

Café del Mar 5 前≪|≫次 Café del Mar 7

同じ年の別シリーズ

  1. Café del Mar Aria 1 (Paul Schwartz & Mario Grigorov)
  2. Café del Mar Aria 2 (Paul Schwartz)

シリーズ一覧へ

Café del Marとシリーズのリスト・一覧
世界でもっとも有名なカフェ・Café del Mar(カフェ・デル・マール)Café del Mar(カフェ・デル・マール or カ...