Cafe del Mar 5 の紹介と感想(超おススメアルバム)

翻訳:
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited
【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。
一度ご覧下さい。

このアルバム

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の第5弾。

シリーズの中で、最も飽きがこない1枚。全体的なバランスがとてもよく、突出して耳に残る曲がないのが逆にいいのかも知れない。

Chill Outのアルバムとしてはできが非常によい。Jose PadillaのDJとしてのセンスが申し分なく発揮されている1枚といえる。

cafe-del-mar5
Cafe del mar cinco
1998年
compiled by Jose Padilla
label : MANIFESTO

AmazonでCafe del Marを探す

曲目

Artist / titile
1 A.R.Rahman / Mumbai Theme Tune
2 Levitation / More Than Ever People
3 Jelly & Fish / Appreciation (Radio Mix)
4 Nookie featuring Larry Heard / Paradise (Tease Mix)
5 4 Wings / Penelope (Radio Edit)
6 Ame Strong / Tout Est Bleu (Original Ame Storng S.A. Remix)
7 The Ballistic Brothers / Uschi’s Groove
8 A New Funky Generation featuring Marika / Lubumba ’98
9 Les Negresses Vertes / Face a La Mer (Massive Attack Remix full version)
10 Electribe 101 / Talking With Myself ’98 (Canny Remix)
11 Cyberfit / Pojo Pojo
12 Lamb / Transfatty Acid (Kruder & Dorfmeister Remix Edit)
13 Salt Tank / Angels Landing (Jose Padilla & Sunchild Remix)
14 Paco Fernandez / Mani
15 Wim Mertens / Close Cover

曲の感想

1曲目:ムンバイ(旧ボンベイ)をイメージしている曲。そのため、インドの悠久の大地を感じる曲でもある(ゴアっぽいといっても良い)。ちなみに、ムンバイという名前は、ヒンドゥーのパールヴァティー女神の化身ムンバデヴィに由来しているそうな。

3曲目:このカチャカチャと若干にぎやかなのは何の楽器だろうか。この楽器が非常にインパクトのあるアクセントになっている。そして女性ボーカルで「アプリーーーーシエイション」と繰り返すのも印象的。

4曲目:やはり楽園というのは、のんびりとゆったりとしていなければならない。楽園と名の付くところでであわただしかったら、どうしようもない。この曲はまさに楽園を体現している。

9曲目:Massive Attackがリミックスを担当。キックの重さなど、そこかしこにMassive Attackっぽさがでている。

12曲目:扉を開けた向こうに待つ観客。そして歓声とともに迎えられる。だが、これから流れるのは観客を盛り上げるための曲と言うよりは、内省的な方向に向かわせる曲である。

13曲目:このアルバムの中では間違いなく最も壮麗!!!で優雅!!!な曲。ピアノシンセとストリングスが絶妙のバランス。Jose Padillaがリミックスを担当。

15曲目:ピアノで奏でられる、クラシカルな感じの名曲。Wim Mertensはベルギーの作曲・演奏家で、一般的にはミニマル・ミュージックの現代音楽家として知られる。この曲は映画「建築家の腹」(1987年、イギリス)で使われた曲。サントラもうまく取り入れるのがchilloutの奥深いところである。

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.8
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.8
Aランク:13曲目、15曲目
Bランク:1曲目、2曲目、3曲目、4曲目、5曲目、6曲目、9曲目、10曲目、12曲目

〔参考〕
同年にCafe del MarでDJをしているA Man Called Adam, Chris Coco & Bruno Lepretreらが、REAL IBIZAを発表している。これを合わせて聞くと、この年のCafe del Marの音がより多く聞ける。あわせて聞いておきたい。

REAL IBIZA 1の紹介と感想(超おススメアルバム)
コンパイルを手がけるのは人気のA Man Called AdamとベテランDJ Chris Cocoとcafe del mar 7以降のレジデントDJのBRUNO。ジャケットもシンプルだが、いかにもIBIZAらしい。

アーティストの紹介

José Padilla(ホセ・パディーヤ)

José Padilla(ホセ・パディーヤ):Chill out(チルアウト)を広めたCafe Del Marの伝説的DJ
言わずと知れた、Chill Out(チル・アウト)の神様で伝説的DJ。ホセ・パディーヤ(またはホセ・パディージャ)と読む。1955年スペインのバルセロナ生まれ。若い頃からDJとしてバルセロナで活躍をしていたが、都会の喧騒から離れるため、20才頃にイビサに渡る。

シリーズの前・後、同年

Café del Mar 4 前≪|≫次 Café del Mar 6

同じ年の別シリーズ

・なし

シリーズ一覧へ

Café del Marとシリーズのリスト・一覧
世界でもっとも有名なカフェ・Café del Mar(カフェ・デル・マール) Café del Mar(カフェ・デル・マール or カ...